スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『KILLZONE 3 Beta』 *2 新たなゲームモード "GUERRILLA WARFARE" "OPERATION"


今回は『KILLZONE 3』で搭載されている新たな2つのゲームモード
"GUERRILLA WARFARE"と"OPERATION"のプレイした感想やゲームモードの解説をしようかと思います

"GUERRILLA WARFARE"

 
このモードはチームベースのすごく単純明快なゲームモードとなっていて、
敵チームの予めセットされた死者数に到達させるか、制限時間内に敵を多くキルしたチームが勝利となる
ほかのゲームでいうといわゆるチームデスマッチなゲームモードとなっています
純粋にキルだけしあうゲームモードがお好きな方は"GUERRILLA WARFARE"へ!


"OPERATION"

今回のベータでの"OPERATION"は"FROZEN DAM"という雪のマップしか選べないようになっていました
この"OPERATION"は若干のストーリー要素があるようで、カットシーンが使用されるようになっています

 
このカットシーンには自分が登場するようになっていて、映ったときにはなんか嬉しい・・・w
ちなみに全員カットシーンで登場するというわけでなく、カットシーンに映る人数は決まっていて
スコアが上位な人ほどカットシーンに映り、フィーチャーされるという仕組みになっているようです
"OPERATION"が始まる最初のカットシーンに映る人はきっとランダム

 
ISAが目的を達するごとに流れるカットシーンはなかなかに面白く、短いのでテンポもいいかと
ヘルガスト側で見る別のカットシーンもあるので見比べるのも面白いかもですな

今回の"FROZEN DAM"ではISAがヘルガストの拠点に攻め込んできたという設定があり、
ISA側がその拠点の破壊を目的とし、ヘルガスト側がそれを阻止するという目的別になっています

このマップでは全3種類のゲームモードがあり攻め側がISA、防衛側がヘルガストと決まっていて
SEARCH & DESTROY[掃討戦] → CAPTURE & HOLD[制圧防衛] → SEARCH & DESTROY[掃討戦]
という順番で進行していくのですが、プレイした感じだとヘルガスト側がすごく有利に出来ています
なぜならばISA側はこの全3種類のゲームモードを連続ですべて勝たなければ敗北とになり、
ヘルガスト側は全3種類のゲームモードの1つでも勝てば勝利になってしまうからです


ISA側が制限時間以内に目的を達成できないとヘルガストに拘束されるカットシーンが映り敗北

 
珍しくヘルガスト側で負けてしまったシーン・・・爆発に巻き込まれ焼かれてしまったという ( ゚д゚ )

"OPERATION"はバランスが悪いですが、なかなか面白いゲームモードだと思います
このモードの最大参加人数が書かれていないため分からないのですが、
自分が"OPERATION"でプレイして確認できた最大参加人数は 8vs8 の16人でした
それが最大人数なのかどうかはちょっと不明ですがっw
きっと製品版では"OPERATION"のマップも複数あると思うのでほかのマップでもぜひやってみたい

関連記事

この記事へのコメント

  -   - 2010年11月27日 15:11:04

コレって実際のキャンペーン中に主人公とは別の場所で行われてる作戦だそうです
初め詳細を見た時は名前表示されるだけじゃ・・・ってタカを括ってたけど
意外と燃えましたw

Re:   - ジーク - 2010年12月02日 22:36:00

無名さん

ほほぉ~ そうなんですかー
なんかキャンペーン映像で見たことあるなと思ったら!
名前が出るのはなんかうれしいしスコアで決まるのでがんばろうという気にもなりますねw

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。