スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『テイルズ オブ グレイセス F』 *3 トロピカルクリアー


「死んだ魚介を捕食するぜ! バッ バッ バババッ! 砂浜戦隊サンオイルスター・レッド!」
ツンツンなヒューバートさんがおもしろい『テイルズ オブ グレイセス F』・・・w
出会ったときは嫌なヤツに成長しちまった・・・と思ってたけどやっぱりいいヤツだったんだね!


そんなこんなでプレイ時間はなんと40時間越えたところで最終ダンジョンもクリア!
ついに『テイルズ オブ グレイセス F』本編の方をクリアしましたー
いぇ~い トロピカルやっほ~!

ボリュームはかなりのもので40時間を越してもやり込み要素がまだあるのでまだまだ遊べます!

 
RPGの大事なところはストーリーだと思いますが、それと同等ぐらいに大事なのが戦闘システムだと思います。
この『テイルズ オブ グレイセス F』はさまざまなシステムを盛りこんでいる戦闘で非常に完成度が高い!
コマンドタイプではない戦闘方法でアクション性も高く、爽快感も高いし、テンポもよい
ただボタン連打しているだけでは勝てない戦闘システムがなんとも面白いゲームでした。
海外のゲームのようにシンプルな戦闘ではなく、日本的なアイディアがたくさん詰まってますね。
違うキャラクターを使うことで攻撃方法が大きく変わるのも面白いと思います。

強制インストールの本作でもちょこちょこロードが入りますが一回のロードはすごく短いので快適性も高い

 
テイルズ兼J-RPG全般でいえることですが登場キャラクターの魅力も高く、
パーティ編成は常に迷うぐらい。ヒューバートとパスカルはいいキャラクターでした。
グルーヴィーチャットでの各キャラクターの掛け合いが面白く、ニヤリとしてしまうシーンが多い。
各キャラクターの魅力をより高めるシステムなのがグルーヴィーチャットか!

ストーリーは幼少期を入れたのはかなりよかったと思いますね~
そのおかげで青年期に出会った際の性格の変わりようとかキャラクター同士の関係性がより深くなった。
終始王道なストーリーで"驚き"などはヒューバートの幼少期と青年期との変わりようぐらいでしたが、
悪くは無かったと思いますね。「守る強さを知るRPG」という芯はブレてなかったんじゃないかと思います。


ストーリーを進めるとたまにアニメーションのカットシーンがあるのですが、
そのアニメメーションがなんか微妙なクオリティだったのが残念。
「機動戦士ガンダム UC」位にしろとは言わないけど、もうちょっと何とかできなかったものか!
というかアニメの製作元が「攻殻機動隊」のProduction I.Gだったとは~w

ゲーム自体はなかなか楽しめたのですがバンダイナムコのDLCが気に入らない。
本編の衣装やアタッチメントなどが無いに等しく、アタッチメントで100円、1つの衣装で200円越すとか・・・
バンダイナムコのおかしいDLCの金額設定は本当に金儲け感丸出しでメーカーイメージ悪すぎでしょう。

久々のJ-RPGでしたが非常に楽しめる作品でした。
テイルズ15周年記念作品 PS3専用ソフト『テイルズ オブ エクシリア』も期待して買いますよ!
本作はWiiからの移植ということでグラフィックは普通だったので
PS3専用に作られている新作のグラフィックの大幅進化にも期待したいところですねー

後日談の未来への系譜編も後々プレイしますよー

関連記事

この記事へのコメント

- カクボン - 2011年01月16日 12:49:58

クリアおめでとうございます。やはり40時間ぐらい掛かりましたか。
ヒューバートは堅物になったのかなと思ったら面白キャラになっていましたねw

アニメーションのクオリティは確かに残念ですね(^_^;)
スタッフロールでIGが製作と知った時驚きました。

Re: タイトルなし - ジーク - 2011年01月23日 00:26:50

カクボンさん

ありがとうございます!
かなりボリュームでマスエフェクトまで間に合いませんでしたねぇ~
ヒューバートは( ・∀・)イイ!!キャラでお気に入りになりましたよ~w

攻殻機動隊のクオリティはすごいんですがTOGFは予算の関係なのかな~w

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。