スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『inFAMOUS 2』 ユーザーがミッションをクリエイトし、シェアする新機能が搭載


inFAMOUS 2: User-Created Missions Give Infinite Possibilities, Limited Beta in April
GDC: Infamous 2's Mission Creator

海外で行われているGDCにて『inFAMOUS 2』に搭載されるユーザーがミッションをクリエイトし、

クリエイトしたミッションを世界中のユーザーとシェアすることが出来る新システムを発表しました。




このクリエイト機能を『inFAMOUS 2』に搭載するために実に2年を費やしたと語っており、
本作の舞台となるNew Maraisにて、あなたが考える独自のミッションを作成することが出来ます。
プレイヤーは空間にオブジェクト、キャラクター、敵などの配置や行動を設定。
ミッションストーリーやクリアしたユーザーに向けたXPの設定なども可能です。

ミッションはディフェンス、エスコート、サーチ&デストロイ、サバイバル、射撃、
プラットフォーミング、障害物を切り抜けるといった様々なミッションが用意されていて、
『inFAMOUS 2』を開発しているSucker Punchはミッションの可能性は無限大であるとし、
ユーザーが望むものは何でもクリエイトすることが可能だと語ったそうです。

例えばステルスミッションや"コール"&"ジーク"vs"Nix"&"Kuo"といった
『inFAMOUS 2』のルールを曲げるような対決が出来るミッションも作成が可能。

デモでは電線を使用した簡単なレース、ストーリーモードの一部のようなAIの仲間と一緒に戦いながら
New Maraisに仕掛けられた爆弾を制限時間以内に解除するミッションがプレイ可能だったとか。

クリエイトとしたミッションをアップロードして世界中のユーザーとシェアすることが出来ます。
シェアしたクリエイトミッションはNew Maraisの街中に緑のサークルで表示されるようになります。
クリエイトミッションを遊ぶ際に、ユーザーはジャンルやコンテンツを設定し、
条件に一致するクリエイトミッションのみを表示させるフィルター機能も搭載。

プレイヤーがストーリーミッションをクリアしていない、あるいは他のユーザーが
クリエイトしたミッションにストーリーモードでまだ登場していない敵などが使われていた場合は
ストーリーモードをある部分まで進めなければそのクリエイトミッションにアクセスすることは出来ません。


他のプレイヤーがクリエイトしたミッションをクリアしたユーザーはミッションを評価することが出来る。
ユーザーの評価はいくつかの影響を持ち、評価の高い有名ランキングというものが存在。
クリエイトミッションには実際の『inFAMOUS 2』開発者が他のプレイヤーにオススメする
"Sucker Punch Featured Content"というものが中には選ばれるんだとか。

『inFAMOUS 2』で搭載されるミッションクリエイト要素のベータテストが4月上旬に予定されており、
詳細は3月14日に公式サイトで発表される予定です。

クリエイトミッションの一部をフィーチャーしているスクリーンショットも複数公開されています。




『リトルビッグプラネット』のようなクリエイト&シェアをサンドボックス型TPSでも採用した

『inFAMOUS 2』は北米で6月7日に発売が予定されています。

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。