スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『RESISTANCE 3』 最大16人対戦に対応したマルチプレイ情報


GDC: Resistance 3's Focused Multiplayer
Resistance 3 Multiplayer Revealed, Beta Later This Year
Additional details on Resistance 3 multiplayer

あまり情報が出て来なかった『RESISTANCE 3』のマルチプレイモードのディテールが公開されました。

合わせてマルチプレイをフィーチャーしたゲームプレイ映像や最新スクリーンショットも公開されています。


最大16人対戦に対応する『RESISTANCE 3』のマルチプレイは人間vsキメラのデスマッチや
オブジェクティブベースの対戦モードを特徴としています。

『RESISTANCE 3』は非常に深いキャラクターカスタマイズ要素を搭載。
カスタマイズは稼いだポイントの使用してプレイスタイルに合わせた独自のカスタマイズが可能です。
各プレイヤーは異なるサブアビリティを選択することとなり、例えば「Bubble Shield(シールド)」
「Ammo Beacon(チームメイトに弾薬を与える)」「Radar Beacon(自分チームのレーダーを強化する)」
腰だめでも正確に撃つことができるアビリティも存在するようです。


そして、プレイヤーが敵に対して使う「Doppelganger(近くに自分の幻影を映し出し、敵の注意を引く)」
「Dash(すごいスピードで敵の攻撃を回避する)」などのタクティカルアビリティもあります。
『RESISTANCE 3』は自分自身のプレイスタイルにあった本当にユニークな
キャラクターカスタマイズ要素を搭載しています。

 
マルチプレイマップは『RESISTANCE』の世界の各地に存在する架空の場所に設定されていて、
デモではアフリカの架空の刑務所が舞台となったマルチプレイマップでプレイ可能だったとのこと。
キャンペーンは北米が舞台となるため、キャンペーンの一部のロケーションをマルチプレイマップ用に
手を加えたようなマップではなく、世界の各地にある架空の場所がフィーチャーされ、
マルチプレイ対戦のためだけに作られたマップだと予想することが出来ます。

他にもロビーでのテキストチャット機能が再搭載される、二つのIDを使ってデュアルログインが可能、
マルチプレイでも好きな武器を選択できる武器ホイールシステムをもちろん搭載、
マルチプレイでの車両は無い などのマルチプレイディテールが明かされています。

『RESISTANCE 2』の最大60人対戦は軍vs軍という大規模な設定であったが、
『RESISTANCE 3』は数少ない人類の生存者とキメラの小競り合いを意識しているんだとか。

『RESISTANCE 3』のコントロールはR1ボタンで撃つ、L1でアイアンサイトを覗き込む、
R2は武器のセカンダリー機能使用、L2でグレネード、L3でダッシュ、R3で格闘攻撃と
一般的なFPSとほぼ同じ操作性だということがプレビューにより判明しました。

今年の後半に本作のマルチプレイベータが予定されているとのことなので続報に期待しましょう!

『RESISTANCE 3』は北米で9月6日に発売予定です。
関連記事

この記事へのコメント

- 無月 - 2011年03月03日 23:02:40

どうも、こんばんは。
相互リンクの件、誠にありがとうございます。
こちらも登録させて頂きました。
今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。