スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ダークソウル』 新システムの続報や巨大クリーチャーが写る最新スクリーンショット


Quick shots ? Dark Souls’ latest screens are pretty much amazing

フロムソフトウェアが現在開発している『デモンズソウル』の魂を受け継ぐダークファンタジーRPG

『DARK SOULS(ダークソウル)』の巨大でおぞましい姿をしたクリーチャーなどが写る

新たな高解像度スクリーンショットやコンセプトアートが公開されました。

スクリーンショット








コンセプトアート




さらに本作で搭載される重要な新システムが続々と公開されたので、合わせてご紹介です。

篝火
 ・拠点として活用出来るのが「篝火」
 ・世界に点在しており、見つけ出す事でより奥へと探索が可能になる
 ・途中で死んだ場合のリスタート地点
 ・HP回復場所にもなる
 ・オンラインプレイの場合は他のプレイヤーの幻影が見える

 ・篝火では回復に使用出来る「エスト」が補給出来る
 ・「エスト瓶」に入れて持ち歩く事が可能
 ・回復は他に直接篝火に当たったり、僧侶が使える「回復の奇跡」でも可能
 ・だが、回復薬を大量には持ち歩けない本作ではエスト瓶が重要なアイテムになる


黒鉄の騎士
 ・黒い鎧を身に纏い大剣を振る騎士、その正体はプレイヤーと同じく「呪われた不死人」であるNPC
 ・このようなNPCを召喚して戦いに挑むシチュエーションがある
 ・限られた場面となるのでいつでも呼び出せる訳ではないが、自分以外を味方に戦う事が出来る


鉄の体
 ・体が鉄のように硬く重くなる魔法
 ・敵の攻撃を受けてもよろけず、打ち負けることもないが動くスピードは最低レベルになる

「クリーチャー&NPC」
 ・貧食ドラゴン
 ・爛れ続けるもの

 ・謎の聖女

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。