スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『侍道 4』 *1 どうしてこうなったのか・・・


自然と「どうしてこうなった・・・」と呟いてしまう仕様に変更された『侍道 4』。
少し遊んだだけでも不満点ばかりが目立っちゃうのです。


もう処理落ちがひどい!! 最初のチュートリアルで既に処理落ちってどういうことなのか。
少しでも集団戦になると処理落ちが発生してすごくスローになる。
『侍道 3』に比べて戦闘スピードも落ちてるし、これでは爽快感なんて全然感じられない・・・

う~ん なんでこの少しの集団戦で処理落ちが発生するのか、『侍道 3』も処理落ちはありましたが
ここまで酷くはなく一部のイベントで発生するぐらいでしたからねぇ~
もう大抵の戦闘で処理落ちが発生してスローになると思ってもらっておkかと。


なんで一般市民を辻斬り出来なくしたのか謎過ぎる。
そこら辺を歩いているNPCを斬っても殺せません、商人を斬っても攻撃が当たらなかったり・・・
アイテムを買って商人を斬り殺して使ったお金をふんだくる!といった極悪プレイも不可能に。
『侍道 3』で出来たことをなんで出来なくしたのか・・・

 
売りのはずである拷問システムがいちいち面倒くさい・・・
警察のようなNPCである岡っ引きなどに蹴られたら、すぐさま捕縛されて拷問へ。
開発者は拷問のミニゲームみたいなのをやらせたいんのだろうが、面倒くさいことが増えただけ。
HPに関係なく蹴られたら終わりですぐさま拷問とか意味が分からない。
普通に倒されたら拷問行きでよかったんじゃないのか・・・

本作から刀は使えば使うほど硬度が落ちて行き、砥石や鍛冶場で研がないと折れてしまう仕様に変化。
リアルっちゃリアルですが面倒なだけです。 これまでにシリーズのように戦いの中で
硬度ゲージが変動するタイプの方が駆け引きもあってよかった。
リアルなんかより快適性の方を重視してほしい点。

刀の防御力という項目が廃止される。なんで消したのか・・・
刀と技が別になったのは個人の好みがありますが、まぁ新たな試みという面で許しましょう。

アイテム仕様のレスポンスが悪く、使用するとモーションが入るようになった。
前作のようにノーモーションでいいじゃん!!

どうしてこんな仕様に変えてしまったのだとプレイしててつくづく思ってしまう・・・
周回プレイが当たり前のゲームだというのにやることに面倒くさいことがばかりが増えて
プレイのやる気がどんどんそがれていく、周回プレイ必須のゲームなんだから快適性を
十分に配慮しなければならないところなのに前よりも色々面倒くさくてストレスが溜まる。
「どうしてこうなった・・・」という言葉が自然と口から出てしまうよ!w

楽しくないわけではないのですが、どうも悪い点ばかりが目立ってしまう『侍道 4』
内容より最低限の配慮として酷い処理落ちは何とかしてほしかったところ。
シリーズ楽しめていたので期待していたんですが、今回はイマイチかなぁ (´・ω・`)
いろいろ用意されているシステムを楽しむ前に嫌になってしまう可能性大・・・
処理落ちのパッチは最低限出してくれと願うばかりなのです。

関連記事

この記事へのコメント

- 無名さん - 2011年03月05日 12:14:57

今回はほんと、どうしてこうなった・・・ですよね
処理落ちするし周りの観客が棒立ちの人形状態
拷問は面倒くさいだけの変態客釣り
処理落ちさえどうにかすれば全然違ってくるのに
もったいないですよね(^^;;

Re: タイトルなし - ジーク - 2011年03月06日 14:26:35

無名さん

その通り! 最低限処理落ちさえどうにかしてくれれば遊べるんですけどねぇ
拷問は2、3回やればもうお腹いっぱいです・・・w
うんうん 色々と勿体無い!完全版ではよくなっていることを望んでます~

- K - 2011年03月07日 00:37:31

これで完全版はまたXBOXにってなったら完全に侍道ってブランドは崩壊するんでしょうねぇ、、

  - 無名さん - 2011年03月07日 11:50:45

KZ3やった後に侍道4やったら、なぜこのレベルのグラフィックで侍道は処理落ちするんだとイラついてきた。

Re: タイトルなし - ジーク - 2011年03月08日 21:16:25

Kさん

またあの失敗というか叩かれるようなことはさすがにやらないと思いますが・・・w
もしやったらある意味すごいことです!w 信用は失うでしょうなぁ


無名さん

確かに他のゲームではもっと激しくて物量も多いのにぬるぬる動くゲームたくさんありますからねー
侍道4のクオリティでなんでここまで処理落ちするのか・・・技術的な問題なのかなぁ~

管理人のみ閲覧できます - - 2011年11月08日 20:45:31

このコメントは管理人のみ閲覧できます

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。