スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『L.A.ノワール』 ロサンゼルスを完全再現した広大なオープンワールドマップ


L.A Noire map is this big

1947年のロサンゼルスを舞台に、主人公コール・フェルプスが様々な事件に立ち向かい

腐敗した街を根底から揺るがす真実を暴いてゆくクライム・スリラー『L.A.ノワール』。

本作の広大なオープンワールドマップの直撮り画像が公開され話題となっています。




1947年のロサンゼルスを完全に再現したという『L.A.ノワール』のオープンワールドマップ画像、
完全再現ということで『L.A.ノワール』のマップの広大さと密度の濃さが非常に分かるものに!
広大なオープンワールドを自由に行き来してマップのあちこちで発生するミッションを
クリアしていくというシステムではありませんが、8平方マイルにもおよぶ広大なオープンワールドを
様々な事件で訪れることになると考えると、何ともワクワクしてしまいます!

BD片面1層25GBをほぼ使い切っていることが判明、XBOX360版ではディスク3枚組みにもなっていて
メインストーリーをクリアするためのプレイ時間は25~30時間を要すると開発元のTeam Bondiが
明かしている通り、容量に見合った超ボリュームとなっていそう!
ディスク3枚組みにもなるXBOX360版のパッケージングはかなり良いとの報告も入っており、
本作がPS3をリードプラットフォームとして開発されていたことがTeam Bondiのインタビューから
明らかになっていて両機種版の優劣もほとんど無いのではないかと予想されます。


オーストラリアの開発スタジオTeam Bondiが生み出した「MotionScan」というシステムを導入、
俳優の演技の細かい表情まで完全にスキャンして本物の人間と対話しているかのような駆け引きを実現。
よって取り調べ中などの会話におけるキャラクターの表情をプレイヤーが判断し、嘘を言っているなどの
本物の人間と対話しているかのような駆け引きを実現しているのもかなりすごい!

日本向けに公開された新たなトレーラー「オリエンテーション」もご紹介!




新たなスクリーンショットが90枚も公開されたのでこちらからご確認ください。
オプション画面でエイムアシスト機能を調整を出来るオプションも用意されているようです。

『L.A.ノワール』はPS3/XBOX360向けに国内で7月7日に発売予定。
ちなみに海外では一足早く5月17日に発売が予定されおり、ローンチトレーラーも公開されています。
関連記事

この記事へのコメント

- 涼 - 2011年05月16日 02:00:44

おもしろそうですよね~
ただこう複雑でリアルな街だとどこになにがあるのかが覚えられないですw
RDRは好みでしたが、GTAが好きでない理由が「車ゲーだから」なんですが、購入検討中です。

- 灯火 - 2011年05月16日 22:05:20

トリコが延期してしまった穴埋めにこのゲームを買う予定です。本格的なオープンワールドゲームは初めてなので今からワクワクしています(>_<)
初めて数時間はずっとロサンゼルスを観光するでしょうねw

Re: タイトルなし - ジーク - 2011年05月17日 22:13:47

涼さん

本当に面白そうで楽しみすぎて待ちきれないぐらい!
確かに緻密に再現しただけあってかなり入り組んでますよな~w
実は自分も『GTA 4』は合わなくて途中で止めてしまってるんですよねぇ~
もし『GTA 5』が発売されれば買いますけど!w


無名さん

完全にシングルプレイ専用とのことなのでCo-op的なものは無理ですな~
たぶんその望みは発表されるかもしれない『GTA 5』で叶うかもしれませんよ!


灯火さん

おぉ! ぜひとも買いましょうぞ~
オープンワールド系たくさんやりましたが『LAノワール』はこれまでに無い感じでかなりワクワク!
黄金時代の古きロサンゼルスの町並みにうっとりしちゃう可能性も高い!w

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。