スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E3リプレイ:『ドラゴンズドグマ』はRPGではなくオープンワールドアクション


E3 Replay: Dragon’s Dogma is Not an RPG

カプコンが放つ親しみやすいハイファンタジー世界が特徴のオープンワールドアクション

『ドラゴンズドグマ』の【E3 2011】で披露されたデモプレイの一部がPS.BLOGで公開されました。




『ドラゴンズドグマ』はRPGではありません。本作の開発チームは過去に『デビルメイクライ』
『バイオハザード 4』『killer 7』といったアクションゲームを手がけたクリエイター達が集います。
その開発実績はこの『ドラゴンズドグマ』で輝くことでしょう!

スピーディーで型にはめられた戦闘、巨大なクリーチャーが蔓延るオープンワールドゲーム。
これはカプコン初のオープンワールドゲームでパワフルな社内エンジン「MTFramework」で開発されます。
「MTFramework」は過去に『バイオハザード 5』や『ロストプラネット 2』で使用されたエンジンで、
カプコンのゲームに期待するグラフィッククオリティを犠牲にすることなく広大なオープンワールドを
可能とするでしょう。


本作の特徴である"つかむ"は、大きな敵から小さな敵まで全ての敵をいつでもつかむことが出来ます。
敵がオークの場合プレイヤーはオークをつかんで殺すことが出来る、その殺したオークを拾って
空を飛ぶグリフィンを地上に誘い込む餌として利用することが出来ます。


公開されたPlayStation's E3 livestreamではプロダクトマネージャーであるMike Schmitt氏が
【E3 2011】で『ドラゴンズドグマ』のライブデモを公開しました。
そのデモではクリーチャーのオークとハーピーとプレイヤーの激しい戦闘がお披露目!
そして蛇とヤギとライオンの特徴を結合させた大型クリーチャーのキメラが登場するデモでした。
このデモで"ポーン"と呼ばれるプレイヤーを助けるNPCのゲームプレイコンセプトも紹介しています。
ちなみに動画の左下はミニマップとHPゲージ、右下には操作方法が掲載されています。







カプコン初のオープンワールドゲームとHD版『モンハン』をイメージさせるゲームプレイ!!
期待高まるカプコンの新規タイトル『ドラゴンズドグマ』はPS3/XBOX360で2012年初頭に発売予定です。

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。