スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ウィッチャー2 王の暗殺者』 *2 カイラン戦~第二章


自らの潔白を証明するために王の暗殺者の行方を追っていた『ウィッチャー2 王の暗殺者』は
ついに第二章が終わりました・・・第一章の半ばから徐々にストーリーに引き込まれていきますねぇ~

プレイし始めた時はシステムなど取っ付きにくさ等があったんですが第一章、第二章と
進めていくうちに徐々に慣れてきて、現在ではかなり面白いと夢中でプレイしていますw
なんといってもストーリーが面白いのです。章ごとに設定された広い街やフィールド、
訪れた街の情勢や問題などが設定されたメインクエストをクリアするごとに王殺しの正体や
ゲラルトとの関係性、物語の中心である「王の暗殺者」に関することが徐々に明らかになってくる。
BioWareRPGに通じる膨大なテキストと練りこまれた世界情勢などが面白い!!
ゲラルト(プレイヤー)の選択次第でメインストリーの展開が大きく分岐しただろうなと思う
重要な選択肢もプレイ中に垣間見れました。


レベルを上げるごとにスキルツリーを成長させていき、クラス特有とスキルや
能力を上げるごとで戦闘に新たな要素が増えたりするので進めるごとに楽しくなる戦闘、
コツを徐々につかんでいくことでよりスタイリッシュな戦いが可能となります!


第一章で遭遇した大型のボス戦も熱かった!! ((o(´∀`)o))
ボスの一撃でHPがかなり持ってかれるので、緊張感のあるアクション戦闘が楽しめる。
「印」をうまく使わなければ勝てなかったりするので、ただ殴っているだけでないのも良い!
好き嫌いはありそうですが、ビジュアル的には良いダイナミックなQTEイベントも存在するボス戦。
QTEに失敗すると一撃で死んでしまうというのはどうなんだろうと思いましたが些細な問題かも、
なかなか歯ごたえがあって倒し方が分かるまで結構死んでしまいましたが無事討伐!

武器防具/アイテムを作れるクラフティングと錬金術も活用してみましたところ、
大抵こういうのは素材集めが面倒くさかったりしますが『ウィッチャー2 王の暗殺者』の場合、
敵からのドロップ品や街の中やフィールドに落ちている素材等を適当に取っておけば、
いつの間にやら大量に素材を得ているので、店などでクラフティング設計図を買えば
特に苦労せずとも楽にアイテムが作れてしまう手軽さはうれしい!
活用すれば旅が格段に楽になること間違いなしの要素です。


森に囲まれた大自然の中にある街が舞台だった第一章とは大きく変わって岩などに囲まれた
山岳地帯へと移った第二章! 呪いによって具現化した過去の戦場、攻防戦といった
すごく面白いストーリーや戦いが続いた第二章もすごく熱くて面白かった!
現在見えてきた欠点といえばセーブデータ数がドンドンと増えてロードなどの動作が重くなること、
かなり多くなったのでセーブデータの削除も面倒なのが困ったものですなぁ~


様々なキャラクターの思惑や先が読めず二転三転するストーリー展開で!
大きく動いて謎が謎を呼ぶ第二章が終わり第三章へと突入した『ウィッチャー2 王の暗殺者』の
次の舞台は王の暗殺者に関わった者が続々と集結するロック・ムインへ!
((o(´∀`)o))ワクワク

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。