スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ASURA'S WRATH(アスラズラース)』 【TGS 2011】試遊レポート



東京ゲームショウ 2011で試遊してきたカプコン×サイバーコネクトツーのタッグで開発する
新規アクションゲーム『アスラズラース』の試遊レポートを書いていきたいと思います!


東京ゲームショウ 2011で試遊する際には七星天の"暴"ワイゼンと戦う第5話「哀れな男だ」と
七星天の"欲"オーガスの第11話「貴公は貴公の道をゆけ」のどちらかのストーリーを選択して
楽しむことが出来ました。自分の試遊するときにコンパニオンのお姉さんが間違って
第11話「貴公は貴公の道をゆけ」を勝手に選択してしまうという軽いミスがありましたが、
コンパニオンさんの衣装がセクシーでなんとも可愛いかったので許してあげました! (・∀・)


月を舞台に自らの師であるオーガスと一対一で戦うという設定からなんとも燃える展開ですが、
設定だけではなく演出面が素晴らしく感じました。体験型連続活劇アクションという独特のジャンルを
築いているだけにこれまでのアクションゲームとは異なってアクションゲームの基本的なシステムである
ガードや緊急回避といったアクションが無いのもまた独特なシステムで、必然的に回避よりも攻撃面に
集中するように出来ている感じです。攻撃やダメージを受けたりすることで溜まるアンリミテッドゲージが
満タンの状態でLTを押すことで六天金剛アスラとなりパワーアップする。
強力な攻撃を当てまくることでバーストゲージが溜まり、バーストすることで次のQTEイベントが
発生するようになります。

QTEイベント中はアスラが殴るタイミングでボタン要求があったり、オーガスに殴られた際に
殴られた方向とは逆にスティックを倒したり、パンチを連続する時はボタンを連打するなど多彩!
連続体験活劇ということで自分がアスラになったように感じ、没入感を高めるQTEイベントにするように
配慮されている気がします。QTEイベントのムービーは『ナルト 疾風伝 ナルティメットストーム』を
開発したCC2だけに演出の見せ方が旨く、ド迫力でなかなかに燃えるものとなっていました。

それと面白いのが、長ったらしいオーガストのお話に飽きたら話を中断させて
無理やり戦闘に移るといったイベント時に介入できるようになっている点にもある。

「体験型連続活劇アクション」は1ステージ1話という形でゲームが進行していくのが特徴。
1話ごとの構成も連続ドラマのように、サブタイトルから始まり、アイキャッチで中休み、
最後にはクライマックスシーンが来て次回予告に続くという形になっているため、常に緊張と
盛り上がりを楽しむことが出来るのが「体験型連続活劇アクション」たる所以。
クライマックスで次のエピソードに映るため、止め時を迷ってしまうこと間違いなしだと言う!
実際に自分も第11話「貴公は貴公の道をゆけ」を試遊しましたが絶体絶命の状態で終わってしまい、
「一体どうなるのか!?」と先の展開が気になっておりますw

1つのパートの中でストーリーイベントやアクションシーンなどが交互に展開されるが、
全てシームレスに移行していくのが『アスラズラース』の特徴。ストーリーイベントにも
介入できるため、アクションシーンの休憩時間などではない。その全てが体験可能なドラマなのだ!
次のエピソードに映る際に次回予告が流れるといったアニメっぽい独特な演出もあるのも特徴。

試遊してきて確かに独特なシステムを搭載してこれまでのアクションゲームとは違うと感じた。
アクション自体の面白さは正直イマイチだったが、イベントなどの魅せ方の旨さがあると思う。
ストーリーも時間をかけて練り上げたものらしいので、ストーリーにも期待したいところ!
アスラのライバルであるヤシャをプレイするパートもあることが【TGS 2011】トレーラーから
明らかになり、『アスラズラース』のオリジナルコミックが連載や限定版の発売が決定など
カプコンのマーケティングもなかなか気合が入っているように感じますね!

TGS 2011トレーラー


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。