スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Dragon's Dogma(ドラゴンズドグマ)』 【TGS 2011】試遊レポート



カプコン開発の世界に向けたPS3/XBOX360向け大注目新規オープンワールドアクション
『Dragon's Dogma(ドラゴンズドグマ)』を【TGS 2011】で試遊してきたプレイレポートです。

カプコンが世界に贈る初のオープンワールドアクションということで期待しているこの作品。
ビジネスデイ2日目に参加した際に待ち時間が0分だったので、一番最初に試遊したタイトルでした!
試遊のために用意された2つのデモが選択可能な状態で、最後にグリフィンとキメラのどちらかの
大型クリーチャーが用意されています。自分が試遊の際に選択したのは最後にキメラが出現する
狭いダンジョンを舞台したパートです。

このダンジョンだと主人公は盾と片手剣を持つファイターとなり、リムに触れると
2人のポーンを仲間につけることが出来ました。ポーンには十時キーでGO,COME,HELPの3つの指示が可能!
主人公のクラスによってそれぞれ異なるスキルがあり、R1+□△○の組み合わせによって3種類のスキルを
使用することが可能で、上方向に向かって斬り上げる「天蓋切り」や名前は覚えていないんですが
一歩下がって踏み込んで斬るスキル、ダッシュ斬りなどもありました。
さらに盾によるスキルもあり、L1+□△の組み合わせで敵を盾で殴りつけるというアクションも出来ます。

そして、本作の特徴である「掴む」はR2ボタンを押すことでできるアクション!
ダンジョンに出現した雑魚敵のゴブリンに試してみたところ、敵を掴んで拘束することが出来ました。
ポーンによっては敵を羽交い絞めにして主人公に攻撃するように教えてくれるシーンも確認!
NPCのポーンは戦闘中なども結構喋ってくれるので、なかなかに賑やかです。


大型クリーチャーキメラとの戦闘はゴブリンやハーピーといった雑魚とは大きく異なって強敵。
三種類の動物を掛け合わせたクリーチャーなのでそれぞれが厄介な攻撃を仕掛けてきます。
尻尾の蛇は広範囲に及ぶ毒ガス的な攻撃をしてくるので、部位を優先的に攻撃することをオススメ!
なぜかというとキメラは部位破壊が可能なクリーチャーで山羊や尻尾の蛇を優先に
攻撃することで部位破壊が完了して機能しなくなるといった要素があるからなのです!
山羊の部位はメインの獅子の背中にあって通常では攻撃が届きにくいが、獅子に攻撃をしていると
転倒して背中の山羊を集中的に攻撃するチャンスが生まれたりするので、その時に畳み掛けたい。
キメラを掴んで胴体にしがみついてみましたが、すぐに振りほどかれてしまう!!

無事にキメラを討伐した後にグリフィンと戦うパートを選択してプレイしてみたところ
こちらは主人公のクラスがストラーダーとなり弓とダガーを装備。弓を構えつつ自由に動き回れる
TPSっぽい戦闘スタイルに変わります!弓のスキルによっては広範囲に矢の雨を降らすといったものも!
残念ながらグリフィンまで行かずに雑魚戦で終わってしまいましたが、ファイターとは大きく異なる
操作性により、クラスによって大きくプレイスタイルが変わるので異なる感覚で楽しめました。

剣で敵を斬っているという感覚が薄いのと敵を斬った時のSEがどうも軽いのが気になるところ~

グラフィックスもハイレベルで美しく、ワールドワイドで受け入れられそうなシステムを搭載!
開発しているカプコンの世界を目指す気合が十分伝わった今回の試遊でした~。
試遊した方限定に配布されるにオリジナルマイクロファイバークロスも・・・( ・∀・)イイ!!

TGS 2011トレーラー


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。