スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『NINJA GAIDEN 3』 【TGS 2011】 試遊レポート



「ジャパニーズ・ダークヒーロー」をコンセプトにTeam NINJAが開発を続ける
『NINJA GAIDEN』シリーズ最新作『NINJA GAIDEN 3』の【東京ゲームショウ 2011】試遊レポート!


舞台はロンドン、デモの最初はリュウ・ハヤブサが高所から"滑空"という新アクションで敵の不意を狙って
殺すシーンから始まる。この"滑空"は簡単なQTEが含まれるイベントアクションとなっています。

この後、リュウ・ハヤブサvs複数の雑魚敵と戦う戦闘パートが続くのでアクションを色々試してみました。
□:弱攻撃、△:強攻撃に設定されており、それぞれのボタンの組み合わせによってコンボのパターンが
変わっていく仕組みです。コンボの表示が出来なかったので適当に□と△を組み合わせてみたところ
特に何も考えなくとも敵をバッサバッサと切り刻むことが出来た。□△で敵を空中にカチ上げ、そこから
適当にボタンを組み合わせてみるとシリーズお馴染みの飯綱落としも可能だった。(気持ちいい!!)
最後のトドメの演出がすごくスタイリッシュなので、ボタンを適当に押してても形になってしまいます。
こういうのはアクションがあまり得意でない人も助かるのではないでしょうか!

コンボの最中に通常のカメラからリュウ・ハヤブサと敵にカメラがズームし、スローモーション演出と
ゴリゴリッというバイオレンスな音と共に敵の骨と肉を龍剣で両断する新アクションの"断骨"を確認できた。
何度も出来たアクションなのですが、この"断骨"の発動条件はよく分からないままです・・・w
個人的に気になりませんが、結構演出が入るので人によってはテンポが悪くなったと感じるかも。
"断骨"は敵の血が飛び散り、敵が苦痛に悶える姿を確認することが出来るでしょう・・・バイオレンス!


人を殺すことで呪われた右腕に業が溜まっていき、一定値を超えると"絶技"という必殺技を繰り出せる。
右腕が赤く光ったら△ボタンを長押しして離すことで、自動的に雑魚敵を切り刻むことができるのだ!
デモでは最大3人までの周辺の敵を連続して斬ってくれたのだが"絶技"発動中の際のプレイヤーは
特に何もしなくても大丈夫なので、リュウ・ハヤブサが華麗に敵を切り刻む様子を眺めることが出来るぞ。
"絶技"は雑魚敵にかなり使いやすくなったという印象を受けました。
他にも専用のゲージがたまることで△○の同時押しで忍法も使用可能。忍法はリュウ・ハヤブサが
忍法を唱えるカットシーンが映し出され周辺の敵に大ダメージを与えることが可能です。


「スライディング」「クナイクライム」といった新たな忍者アクションも体験できました。
スライディングは通常のアクションでもL1+左スティックの組み合わせで敵の攻撃を回避する
アクションとしても使用可能です。スライディングから攻撃への派生も出来ました。
他にも車両の下の隙間を通り抜けるQTEイベントでL1+左スティックを要求されることもある。
「クナイクライム」はL1+R1の組み合わせで壁を登っていくのだが、アクションがすごく地味で
試遊の際はあまり必要性を感じられなかった・・・w (;´∀`)

中盤は視界が遮られた煙幕の中を敵に見つからないように忍び足で敵を探し、
背後から一撃で倒すという出来の悪いちょっとしたステルス要素もある。
これもなんともイマイチだったが、これまでとは違うアクションが出来たので良いとしよう。


デモの最後のボスとして多脚戦車とのバトルが用意されていた。
定期的に打ち出される砲撃をL1+左スティックのスライディングでかわしつつ、
攻撃することが出来る脚の装甲を攻撃で破壊すると、装甲が剥がれて内部が剥き出しになるので
もう一度攻撃して□連打で脚を切断していくという攻略パターンでした。

□:弱攻撃 △:強攻撃 ○:手裏剣 ×ジャンプ L1:防御 
L1+左スティック:スライディング △○:忍法 R3:進むべき道を感じる

こんな感じのシンプルな基本操作で直感的な操作を楽しむことが出来るアクションゲーム。
難易度は「Normal」を選択して試遊しましたが、過去シリーズの難易度「Normal」と比べて
かなり簡単になったという印象を受けましたね。今回の試遊で死に掛けてピンチということには
全然ならなかったので、シリーズ経験者なら「Normal」は楽にクリア出来てしまう難易度かも。
シリーズ経験者でもやり応えのある「超忍」モード的な難易度に期待したいところ!
そういえばデモが英語音声/日本語字幕だったんだけど・・・製品版は吹き替えだよね!?
演出面が過去作よりも際立っており、演出による爽快感というものは感じることが出来ました。
今後の続報に期待の一本!

ジャパニーズ・ダークヒーロー
リュウ・ハヤブサ

 「龍の忍者」として使命を果たすため、その刀を血に染めてきたリュウ・ハヤブサ。
 ハヤブサは、ロンドンで対峙した仮面の導師によって右腕に「殺戮の凶手」の呪いをかけられてしまう。
 それは、これまでハヤブサに斬られた者経ちの憎しみであり、苦しみ。
 人を斬れば切るほど、右腕が疼き、その身を蝕んでいく。世界が終わるのが先か、
 ハヤブサが死ぬのが先か、壮大なアクションエンターテイメントの幕が今、開かれる!



*TGS記事はコレで終わり!ありがとうございました。

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。