スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス』 *2 キャンペーンレビュー 「スゲェ!」



『アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス』上級で始めてクリアまでの総プレイ時間は11時間!
アクションアドベンチャーゲでは標準的なボリュームなので不満は特にありませんでした。


前半よりもクライマックスへと向かう後半は怒涛の展開の連続でかなり盛り上がった本作!
特に後半で訪れることになるだろうクルーズ船~砂漠は本当は技術的にも素晴らしいステージだった。
本作の舞台として紹介されてきた砂漠へと向かうネイトはトレーラーでも度々見られてきた
輸送機ステージにおいての手に汗握る絶体絶命の状況から砂漠へと向かうのですが、
鳥肌立つぐらい砂漠の表現が素晴らしいものでした。風で撒きあがる砂の表現や空気感、
砂漠独特の砂が波打ってるみたいな波紋もしっかりと表現されているのは感動の一言!
砂漠を放浪することになるステージでは孤独と絶望を感じることでしょう。


キャンペーンは世界中を舞台に大きく雰囲気の違う様々なステージを遊ぶことが出来ます。
進行テンポもなかなかに良く、キャンペーンを開始する際の最初の長いロードを我慢すれば、
キャンペーン進行中にロードは一切なく死んでも直後からサクッと再開できる快適性もすごく高い!
時間を忘れて夢中で進めたくなるキャンペーンモードはこれまでのシリーズ同様です。


ストーリーは単純明快ですごく分かりやすい展開。これまでのシリーズではキャラクター達の
過去を語ることはなかったのですが、本作ではネイトとサリーの出会いからパートナーになる
までのストーリーが描かれるのでファンには嬉しい要素。そしてネイトとサリーに因縁深い
キャサリン・マーロウとの戦いが描かれます。人気の高いサリーの出番が多いのは嬉しかった。

『アンチャーテッド』の大きな楽しみである実力派声優陣による軽妙でユニークな吹き替えは
本作でも非常に魅力的な要素となっており、絶体絶命の状況を打破した際のネイトのぼやきや
サリーのおふざけトークなど、キャラクター達のユーモア溢れる会話はニヤリとしてしまうだろう。
これまでのシリーズ同様にローカライズの質は高い。


ゲームシステムは『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』で確立された感があるので、
『アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス』において大きな追加要素はなかったが、
非常に高い技術で細かなところまで描写された街並みやキャラクターの毛穴が見えそうなほど精密の
圧倒的なグラフィック面の強化、キャラクターの生き生きした表情、歩行状態によっても
ネイトがどのような状況にあるかが分かるほどうまく表現されたキャラクターアニメーションの
大きな進化を感じました。格闘戦一つとってもビンや魚など周辺のアイテムや環境を利用しての
格闘を見ることが出来るようになったり、格闘戦で敵の銃を奪うなど格闘のパターンが
増えたのも良い。ネイトの環境下におけるリアリティで自然な仕草にも注目して欲しい。


シリーズのコンセプト「プレイする映画」に偽りなく極上のアクティブシネマ体験が楽しめる。
開発者の努力と高い技術力で作られた革新的で計算しつくされた演出面は一級品だ!
これはクリア後に見られる特典のボーナスで語られるものだが、キャンペーン後半の
クルーズ船ステージは今まで取り組んだ仕事の中で最も技術的にハイレベルだったを語っており、
他の会社でも挑戦したことはないだろうリアルタイムの波のシュミレーションによって
船のアニメーションが動き、二度と同じ動きをしないのでプレイするごとに違った感じがあるという。
ノーティらしい熱い情熱によって作られた革新的な技術が使われているのは素晴らしい。

悪いところは少ないですが気になったところとして、過去作にはあったクリア後のボーナスにおいて
コスチュームの変更や無限弾丸などの微調整が無くなってしまいました。ちょっとしたお遊びとして
面白い要素だったのにどうしてなくしてしまったのか残念に思う。
オプションのエイムの感度を最大にしても普通・・・もっと感度を上げたい人には辛い。
フリーズは一回発生、オートセーブなので直前から再開できますがよろしくないですね。
あとこれは個人的にですが、シリーズのお約束が陳腐すぎたのは残念すぎる・・・
いつ出るのかとワクワクしてたところに登場したお約束は拍子抜けでした。
トレジャーハンターと砂漠のお約束の登場を予想していたんですが出なかったなーw

シリーズ三作目ということで目新しさはないかもしれないが、安定した面白さがあるのは間違いない。
リニアなゲームでの一つの完成型なのではないかとプレイし終わって感じてしまいました。
三部作ではないらしいので続編があるかもしれないが、これ以上の進化はあるのかと不安になるレベルw
もし続編があるのならどういった作品になるのかというのも気になりますね。次は「海底都市」だな!
なんやかんやで非常に満足できたキャンペーンモード・・・「スゲェ!」
個人的GOTY候補っと...φ(`д´)メモメモ

関連記事

この記事へのコメント

- 無月 - 2011年11月05日 21:11:47

エイムはスティック反応位置の設定ミスらしく、パッチ開発中だそうです
適応後は2よりサクサクらしいですよー
私的にもボーナスが無くなったのは残念で仕方ありません

- TT - 2011年11月05日 23:09:59

次回作はPSVで12月ですね
PS3版も開発スタッフ募集してるんで
アンチャ4の開発はすでにやってそうですが
次は2年後かぁ、待ち遠しい

案外次はPS4でって事になりそうな気もしますが早く次がみたいですね

ストーリーって基本的にドレイク伯の軌跡をたどっての冒険なんで
そろそろ次は別の偉人使ってきそうな気はしますね

- eight - 2011年11月06日 03:06:00

終盤の盛り上がりが多少欠けてた点、消化不良の要素がある点など
ストーリーの作り込みにちらほら不満はありましたが、
ゲーム自体はご指摘の通り安定して面白かったですね。
新要素としても波の影響を受ける船上、砂嵐で視界不良な砂漠など
ステージの工夫に力を入れていたのが印象に残りました。

次作の予想は「海底都市」ですか、サメやシャチと戦う羽目に
なりそうですねw

Re: タイトルなし - ジーク - 2011年11月07日 21:29:39

TTさん

PSVのアンチャももちろん買っちゃいますよ!
PS3で次回作となったら次はどんなことをするのか興味ある反面これ以上の進化は無いような気もー
確かにフランシス・ドレイクが絡んでいましたね~ 次は別の偉人かなー


無月さん

おぉ~ それは嬉しいパッチが配信予定なのですねー!
早く来い来いと思いつつマルチプレイをやろうと思いますw


eightさん

もうちょっと砂漠のアトランティスで冒険して欲しかった気もしますねぇ~
最後の舞台がちょっと短くて盛り上がりに欠けたってのも分かります。
ジャングル、雪山、砂漠と来たらもう残りは海しかないんじゃないかなーと予想w
しかも海での冒険は今までよりちょっと違って面白そうな気もします!w

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。