スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS3向け新作ソフト『機動戦士ガンダムUC』が2012年春に発売予定


きつね

ついに11月12日から劇場で公開される機動戦士ガンダムUC episode4「重力の井戸の底で」の公開で
さらに盛り上がりを見せる「機動戦士ガンダムUC」がゲーム化することが判明しました。

PS3向けにバンダイナムコから発売され、『アーマードコア V』を開発中のフロムソフトウェアが
開発を担当しているPS3版『機動戦士ガンダムUC』のゲームディテールの1部は以下の通り。

・収録エピソードは1-3、登場する機体は一部を除いてほとんど登場する
・原作のストーリーを追うモード以外にも仕掛けを用意
・ダウンロードコンテンツも準備中
・「ACE」で取り入れたような、簡単操作で楽しめるシステムも搭載
・近接戦争ではモビルスーツが溶断分裂する様子もリアルに再現
・スピード感を出すことを意識した
・広大なフィールドを移動するのでスピードが大事
・重厚感もある。MSが実在しているかのようなリアル
・MSの造りこみは相当力を入れた
・変形する機体は差し替えなしで単体で完全に変形できる
・サンライズから「ここまで作りこむとは思ってなかった」と言われた
・収録したボイス量も凄い
・バナ、マリダ、フロンたるなど主要キャラのシナリオがプレイできる
・シナリオは一直線ではなくキャラを切り替えながら他のキャラのシナリオもオープンにしていく感じ?
・やりこみ要素あり
・サブフライトシステム・・・フライト形態に変形するMSには上に乗れる
・シナリオはフルCGで描かれている(バナージやオードリーの出てるシーンは3Dじゃなくてアニメ。
 アニメをフルCGで作ってる?)
・きっかけはバンナムがフロムに「UCのゲーム作ってみませんか?」
 ACEのようにボタンをぽんぽん押すだけで武器を切り替えて攻撃する操作を入れたことがあるが
 UCはそれを改良させた進化させた操作も選択できる
・シナンジュは隕石を蹴って移動したりいままでのガンダムにない動きもある
・溶断分裂はMSごとに縦と横に切れる演出がある
・射撃で倒したときも複数パターンがある



判明しているディテールを忠実に実現しているのならファンとして相当ワクワクしてしまいます。
隕石を蹴って3倍の速度で移動するとか・・・「見せてもらおうか、新しいガンダムの性能とやらを」
と言ってしまうに違いない!w MSの破壊表現とやらも複数あって面白そうな要素じゃないですか。
しかし、エピソード1~3ということでボリュームの不安や登場MSの少なさとかも気になりますし、
開発が『Another Century's Episode:R』のフロムソフトウェアということで『ACE:R』の再来に
ならないかということも不安な要素でありますw しかも絶対続編は出るでしょうね~。
今後公開されるであろうトレーラーやスクリーンショット、ゲーム情報などに非常に注目していきたいよ!

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。