スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のお買い物:『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』 『セインツロウ ザ・サード』



本日のお買い物はスクエニから発売されたFPS『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』と
THQジャパンのオープンワールドアクション『セインツロウ ザ・サード』です!

いや~ 積みゲーもあるというのにゲームを買いたいという衝動は治まらないものですねぇ~w
昨年では考えられないことですが最近FPSに飽きてきちゃったのか?『バトルフィールド 3』をスルー。
『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』もスルーしちゃおうかと思ってましたが、
このタイトルは『コール オブ デューティ 4』からプレイしてきているタイトルだから買っちゃった!
『セインツロウ ザ・サード』はシリーズをプレイしていないのにも関わらずに買いですよ。
公開される動画などのクレイジーっぷりが異常だったので興味出ちゃった感じですw

どちらもZ指定ながら規制が気になるタイトルですが、両方とも心配しなくても大丈夫な様子。
『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』の規制は米国版と同一の内容となり、
ゲーム仕様、表現等に変更箇所はなしでオンラインも世界共通サーバーでプレイ可能。
『セインツロウ ザ・サード』の海外版と日本版との表現の違いは以下の3点のみとのこと。

・ゲーム中1か所登場する“ゴア表現”の修正
・裸になった際のモザイク表示が下着姿に
・ディルドーバットの形状が棒状に変更

その他の表現の変更、アクティビティやアクションの削除、サーバーの隔離などは行われ ておらず、
海外版と同じ仕様とのことなのでローカライズを行ったTHQジャパンはいい仕事しましたね。
ディルドーバット・・・アレは日本じゃ確実にダメっぽいのでしょうがない!w

スクエニがまたやらかしたようで、一部日本語テキストに本来の表示領域を超えて表示される、
文字列が重なって表示される、翻訳として誤っているなど、正常ではないことが確認されています。
これらの問題は次回以降のアップデートで修正を行う予定とのこと・・・
さらにアップデートファイルver1.03適用時に発生する本体の強制終了についての紙も
購入する時に渡されました。スクエニは何をやっているのか・・・ (´・ω・`)

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』ローンチトレーラー


『セインツロウ ザ・サード』ローンチトレーラー


来週発売の『バットマン アーカムシティ』は最優先事項なのでクリアできなければ積んじゃうよ!

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。