スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ASURA'S WRATH(アスラズラース)』 総カットシーンは7時間にも及ぶ


bbfc-ASURA'S WRATH

サイバーコネクトツー開発のPS3/XBOX360向け新規タイトル『ASURA'S WRATH(アスラズラース)』の
総カットシーン量が7時間にも及ぶことがBBFCの審査より判明しています。

カプコンから発売される『ASURA'S WRATH(アスラズラース)』はこれまでに無いような
アクションゲームがコンセプトの元、演出面に定評のあるサイバーコネクトツーが開発を担当し、
体験型連続活劇アクションという新たなジャンルで挑戦する新規アクションゲームです。

そんな『ASURA'S WRATH(アスラズラース)』の総カットシーン量が7時間にも及ぶことが
明らかになったのは、イギリスの映像審査機関で映画やゲームを審査しレイティングを実施する
British Board of Film Censor(BBFC)のレイティング審査によるものです。
カットシーンの他にも特別なおまけが23分あることが伝えられています。
BBFCによるレイティングの結果はゴア表現は暴力と出血、セクシャルはアスラとオーガスが
温泉に入るパートでの美女のちょっとしたセクシーシーンぐらいとのことでした。
BBFCによるレイティングは"15"(15歳以上対象)。CEROのレイティングもCぐらいになると予想されます。

体験型連続活劇アクションというジャンルで公開されてきたゲームプレイ映像はQTEイベントの豊富さや
通常のアクションゲームとは大きく異なるシステム面が目立ちましたが、カットシーンの量も
他のタイトルに比べるとかなり長い部類に入ると予想できます。

海外版パッケージ


日本ではイーカプコンで限定版の発売が決定。通常版+2000円で豪華特典が付く特装版です。
海外/国内どちらもパッケージも"怒"を感じますが、日本のパッケージのほうがカッコイイ!
『ASURA'S WRATH(アスラズラース)』は北米で2月21日、日本で2月23日に発売予定です。

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。