スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「.hack//3rdシーズン」の独占スクープが12月22日のファミ通で掲載へ! hack//T.E.に参加してきました。



12月3日に開催".hack//T.E. ~ぴろし社長「.hack//3rd シーズンプロジェクト」について大いに語る~"
に参加してきましたので、イベントで明かされた設定や気になる続報をちょっと紹介!

ファンが待っているのは劇場版「ドットハック セカイの向こうに」じゃないかもしれないが、
この劇場版は『.hack//』ファンならばより楽しめる要素が沢山盛り込まれており、
ぶっちゃけるとファンのために作った劇場版3Dアニメ作品だということを松山氏が語っていた。
この劇場版はシリーズと大きく関係しており『.hack//』シリーズの年表にしっかりと反映される作品で、
この劇場版を見ておかないと、この先の3rdシーズンをちゃんと楽しめないという重要な作品。
しかし、ファンではなく前情報を知らなくてもしっかりと楽しめる劇場版作品になっているとのこと。

これまで「The World」と書かれていたが、劇場版で全て大文字の「THE WORLD」になる。
「ドットハック セカイの向こうに」では『THE WORLD FORCE:ERA』という最新バージョンで、
これらの設定データを作る際に通常のゲーム開発と同じ資料を作り、劇中に登場しないような
設定まで全部作っているそうだ。実際に過去の『.hack//』シリーズを開発した時も
「The World」パートを作る際には劇中の設定のサイバーコネクト社の社員になった
つもりで作っているという。「THE WORLD FORCE:ERA」は2024年の春にリリースされたという設定。
ALTIMIT社が買収した子会社とその組織図やネットワーク管理局NABのロゴが公開。
デビッドとエレノアの2人はワシントンDCにある本部から日本に"ある目的"のために来てる。
"ある目的"は劇場版のあとも覚えていて欲しい。それだけじゃない『.hack//』というものがある。
などなど劇場版「ドットハック セカイの向こうに」のについて多くの詳細が松山氏から語られ、
細部にわたるところまできっちりと作りこみ、リアリティを持たせるため劇中に登場するFMDのパッケージ、
まことさん、デビッドの名刺、ウィルス駆除ソフト“ソフィア”の電子公告、携帯端末からでも
出来るようになった「THE WORLD」のログイン画面、コントローラーのパッケージなどの実物を
実際に作ったというから驚きだ。細部までわたる強いこだわりが松山氏のトークから強く感じられた。
かなりの情報量なのでここらへんで割愛したいと思う!





これまで10年間『.hack//』シリーズを開発してきたサイバーコネクトツーが今年の
2010年~2012年に渡り展開される「.hack//3rd シーズンプロジェクト」の独占スクープが
12月22日に発売予定のファミ通で掲載
されることが発表された。
松山氏は掲載される独占スクープの詳細は言えないとのことだったが、『.hack//』シリーズ年表の
2024年の先のことがこの12月22日のファミ通で掲載される独占スクープで明らかになるらしい。
さらに「このように発表されるので油断しないで欲しい。劇場版の次に繋がってるんで喜べばいいさ~」
と松山節トーク全開だった。
ファミ通での発表ということで、やはり新作ゲームの発表に期待が高まるところだ!!
個人的な希望であるが据え置き機向けならなおさら嬉しい・・・w
松山氏のトークのほかに松山氏との写真撮影や展示物の閲覧などが行われたイベントでした!


ぴろし社長とバナナ、劇場版のプロジェクトリーダーでルパン体系こと二塚万徍氏

記念撮影では松山氏と皆でバナナを持ったのだが、なぜバナナを持ったのかの理由は
劇場版「ドットハック セカイの向こうに」を見ればその理由が分かるとのこと! 

関連記事

この記事へのコメント

なんだこれ - 無名さん - 2011年12月03日 23:09:23

もうついていけん

Re: なんだこれ - ジーク - 2011年12月05日 19:50:32

無名さん

3rdプロジェクトで一区切りらしいのでもうちょっと付き合ってあげましょう!w
メディアミックス作品なのでゲームだけやってればいいという訳にもいかないんですよねぇ~
(´・ω・`)

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。