スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり』 *2 クリアレビュー



PSVita専用ソフト『アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり』をクリアしましたよ。
本家Naughty DogではなくBend Studioが開発した本作はどうだったのでしょうか!? (`・ω・´)
携帯機のPSVitaでもボリューム面は十分であった『アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり』。
長くても26チャプターだったこれまでのシリーズと比べて、本作では32チャプターまで存在しますが
チャプターが極めて短いチャプターもあるので、ボリューム的にはこれまでとあまり変わらない
10時間前後だと思われます。 アクションゲームでは標準的なボリュームとこれまでと変わらない
ボリュームに仕上げたローンチタイトルというのは評価できる点であるでしょう!


一作目『アンチャーテッド エルドラドの秘宝』の前に位置づけられる完全新規ストーリーで、
新キャラクターと人気キャラクターであるサリーが登場する若き日のネイトを描く物語。
PSVitaのローンチタイトルということで、シリーズ未プレイでも楽しめるようになっています。
プレイし始めて最初はイマイチだと感じましたが、チャプター14くらいから『アンチャーテッド』らしく
なってきて、サリーが登場してからさらに楽しくなり、ラストに近づくに連れてなかなかに盛り上がって
行ったような気がします。

ローンチタイトルで見た目はHD機と比べても遜色ないぐらい仕上げてある美しいグラフィック面と
キャラクターアニメーションなどが、携帯機で実現できているビジュアル面は素晴らしい。
ネイトのぼやきも健在な『アンチャーテッド』らしいユニークな吹き替えとなっていました。


ゲームプレイ面では銃撃戦と探索(クライミング)で構成されているお馴染みな感じと、
それに加えてPSVitaならではのタッチスクリーンや背面タッチパネルを利用するパズルや謎解き、
ジャイロセンサーを利用したミニゲームが用意されています。他にも毎度おなじみのステージに
隠されたお宝探しやカメラでミステリーを撮影する収集物のやり込み要素が用意されていました。


ゲームプレイや演出などを総合的に見ると、ゲームプレイ的にはステルスで攻略できる自由度も
あったので、戦闘面は『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』とほぼ同じでしたが、
『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』や『アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス』
のように、たたみかけるような怒涛の演出には乏しいため、演出面は『アンチャーテッド
エルドラドの秘宝』ぐらいな演出効果であると伝えれば分かりやすいかもしれません。
舞台がジャングルと遺跡である点も結構似てます。手に汗握る様な演出面は乏しいものの、
丁寧に作られたことは感じられる1.5的な位置にある『アンチャーテッド 地図なき冒険の始まり』。

タッチ操作はプレイヤーの好みが別れる所で難しいところですが、オプションで無効にしたり
できないので必ずやる必要のあるアクションとなってしまう点が非常に残念であると思う。
個人的にこれまでのシリーズをプレイしてきてタッチによる新たなゲームプレイ要素があるのは
これまでにない新鮮な体験だったため比較楽しめた要素だったが、戦闘に絡むようなタッチ要素は
やめて欲しいと感じたところ。特に雑魚敵などにしかける格闘戦は敵が弱っていない限り
必ず途中でタッチ操作が要求されてしまって一回の格闘戦が長くなってテンポが悪いと共に、
他の敵からの銃撃が普通に当たる格闘戦の途中で殺されるといった自体もなりました・・・w
あと手榴弾の操作性もタッチによるものなので、戦闘中にスクリーンにタッチして投げる所まで
ドラッグして放すというアクションが非常にやりにくいし、スクリーンを手でを遮ることになる。
謎解きや探索時などのタッチ操作は特に問題ないと思う自分ですが、戦闘にまでタッチ要素を
入れてしまうのはテンポや操作性的に問題なんじゃないかと思ったりしたところです。
ストレスにならない程にタッチの感度は良かったんですけども、オプションでタッチ要素の
オフとか欲しかったと思いました。

快適性はゲーム開始時の若干長いロードを我慢してしまえば、ゲームプレイ中はロードがなく
かなり快適にプレイできます! しかし、『アンチャーテッド』シリーズの快適性をさらに
高めてくれた死亡時のコンテニューで直前から始められるという快適性が若干損なわれている
気がしました。 他のゲームに比べれば圧倒的に快適なので贅沢な指摘かもですが・・・w

シリーズをプレイしてきた自分でもなかなか楽しめた本作。過度な期待は禁物ですが、
PSVitaのローンチタイトルでここまで仕上げて、PS3版『アンチャーテッド』とほぼ同じ
ゲームプレイを実現できたのは評価できます。タッチ操作の無理のない使い方は歓迎ですが、
タッチ操作を無理に使わせることの無いようなアクションをもっと考えてくれてたら
さらによかったんじゃないかと思いますねぇ~。

関連記事

この記事へのコメント

- マート - 2011年12月23日 21:36:49

雑魚敵の格闘はタイミングよくおせばタッチでませんよ

- 灯火 - 2011年12月24日 22:40:23

お疲れ様です!
出来としては1作目ぐらいでしたね
まあ携帯機でこのクオリティなら十分すぎるほどですがw
タッチ操作あたりは次回作に期待ですね(^_^)

Re: タイトルなし - ジーク - 2011年12月26日 21:25:19

マートさん

(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!
そんな要素が隠されていた?なんて知りませんでした・・・w
でもタッチ要素を忙しい戦闘に含ませちゃうのはなぁ~ (´・ω・`)


灯火さん

うんうん! やっぱり『黄金刀と消えた船団』には及ばないけどなかなか面白かった!
携帯機でこれだけ『アンチャーテッド』が実現できているだけ、本当にすごいことですな~w

質問です。 - タクト - 2012年01月07日 22:13:14

チェリスを洞窟で助け出した時に、チェリスの秘宝をくぼみに入れる場面がりますよね。そして上中下の顔のパーツをそろえていく謎解き。
これが全く解けないので
良ければ教えていただけませんか?

Re: 質問です。 - ジーク - 2012年01月09日 18:57:56

タクトさん

う~ん うろ覚えですが確かヒントとなる写真か、謎解きパズルの上に見える顔と揃えることで
開けることが出来たような・・・間違ってたらごめんなさい!!

- タクト - 2012年01月10日 16:24:20

私もそう思って試したのですが、絵柄を同じにしても何も起りません。
どこかに移動する必要とかあるのでしょうか?

Re: タイトルなし - ジーク - 2012年01月10日 22:45:05

タクトさん

移動とかは必要なかったかと~ たしか回す謎解きの上の絵柄に合わせたと思ったんですがねぇ~
う~ん、それとも偶然合っちゃったのかなぁ~ (´ε`;)ウーン…

- タクト - 2012年01月11日 14:49:58

アンチャーテッドに攻略本ってでるんですかね

Re: タイトルなし - ジーク - 2012年01月12日 21:35:14

タクトさん

残念ながら出てないかと思います~ (´・ω・`)

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。