スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共闘感を感じるゲームモードや戦いのカオスっぷりが面白い『TWISTED METAL』デモをプレイ!



PS3専用ソフト『TWISTED METAL』のデモが海外PSストアで配信されたので早速プレイ。
メニュー画面では選択した車両やキャラクターによってビジュアルが変わるみたいですね!

洋ゲー和ゲーの区別も全く分からなかっただいぶ昔に、画面分割のでCo-opプレイをずっとやっていた
記憶がある、日本ではPSで発売された『ツイステッドメタルEX』以来のプレイとなりました! (゚∀゚)
アメリカンなアクの濃いキャラクターたちが車両に乗ってド派手で爽快なデスマッチを繰り広げるという
この『TWISTED METAL(ツイステッドメタル)』はレースというよりアクションゲームという感じです。
日本では全く知られていないシリーズですが、海外ではPS、PS2とハードを跨いで発売されてきた人気
シリーズだということ!、そして、それがついにPS3でも発売されるということです!!

オプションから「CLASSIC TM」「DUAL STICK」「RACE CONTROLS」の3つの操作性を選ぶことが
出来たのでチャレンジモードで各操作性を試した所、個人的には「CLASSIC TM」が一番やりやすかった
のでこの操作性を選択。実際にプレイしてみると結構やれるアクションが多くて、多くのボタンを使用する
ゲームだということが分かるでしょう!


体験版では1人プレイモードの「チャレンジ」と丁寧に教えてくれるチュートリアルの「トレーニング」。
オンラインモードでは「デスマッチ」と「NUKE」の2つのゲームモードをプレイ可能です。
「チャレンジ」とかNPCが本気で殺しに来てかなり難しいので、オンライン対戦をやりましょうw
体験版では8車両が選択可能で、車両ごとに特有のスペシャルウェポンがあるのはPSの頃から同じ!
いろいろ試した結果、個人的に「VERMIN」か「MEAT WAGON」辺りが使いやすと感じました。
癖が少ないステータスに、スペシャルウェポンが結構当てやすいという!
逆に「Reaper」は面白いけど上級者向けという印象・・・スペシャルウェポンも全然当てれませんw


みんな敵の「デスマッチ」はシンプルながら、少し変わったゲームモードの「NUKE」が面白い!
「NUKE」のルールは「トレーニング」からだいたい分かると思いますが説明しますと、
2つのチームがオフェンスとディフェンスに別れて、オフェンス側はランダムでマップに表示される
2人いる敵チームのNPCリーダーのどちらかを捕獲。ディフェンス側はNPCリーダーを守りましょう。


オフェンス側は敵のNPCリーダーを捕獲したらマップに設置された2つのミサイルランチャーのどちらか
まで敵NPCリーダーを運び、ミサイルランチャーの後方で表示されているサークル内で撃破されないように
ひたすら耐えましょう。耐え続けると表示されているゲージが溜まっていき、最大まで溜めると敵のNPC
リーダーを放り込んでミサイルが発射されます。ディフェンス側はミサイルが発射されないように
NPCリーダーを捕獲したプレイヤーの車両を撃破することが最大の目標です。


ミサイルが発射されるとNPCリーダーを放り込んだプレイヤーがミサイルを操作し、敵チームの
巨大な象にミサイルを当てれば1点獲得!ディフェンス側は発射されたミサイルを攻撃して破壊する
ことが出来ます。オフェンス側は制限時間までにミサイルを3回当てれば破壊できる敵の巨大像を
壊せれば勝利。もし制限時間までに壊せなければチームのオフェンスとディフェンスが逆転して、
オフェンス側だったほうがディフェンスに、ディフェンス側だったほうがオフェンスになる。
これを何回か繰り返して、どちらのチームも壊せなければスコアで勝敗が決まるみたいですね。


説明が長くなりましたが、このチームの共闘が大事な「NUKE」がかなり熱くて面白い!
慣れてくればかなり爽快な操作性、マップに配置されている様々な兵器を拾って使うことや
各車両のスペシャルウェポンを使用する車両同士の戦闘もハチャメチャでカオスすぎる・・・w
車両によってミサイルが発射されるまでのゲージが溜まる速度も違うみたいですね。
ゲームが開始される前のロビーではテキストチャットも用意されていました。



製品版ではキャンペーンモード、最大16人まで対応する7種類のオンラインモード、
個性豊かな全部で17種類の車両など体験版では選択できない車両や出来なかったゲームモードも
あるので非常に楽しみなんですが、現在日本での発売は予定されていません (つд⊂)エーン
びっくりするぐらい売れないだろうけどローカライズして欲しい・・・SCEJ仕事してよ!
海外版買ってもいいんだけど、その後にローカライズ発表されたらなんか悔しいから悩みますね!

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。