スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『DRAGON AGE II(ドラゴンエイジ 2)』 *2 クナリ族とアイザックの鎧



ある程度レベルも上がって要求ステータスに届いたので騎士アイザックの鎧を装着してみました。
ステータス的にローグが着れる装備なんですよね。ビジュアルの再現度はなかなかかもしれませんw

こんなブログを見てくれている人はご存知だと思いますが、EAからシリーズ化されているホラーTPSの
傑作、『DEAD SPACE』の主人公アイザック・クラークが来ているアーマーを再現した装備ですね。
これで石村行っても大丈夫!せっかく騎士アイザックの鎧を装備したはいいものの、ゲーム中で更に
良い性能の装備が続々と手に入っちゃったのでさっさと着替えちゃいましたが・・・w ( ゚д゚ )
そういえばフィールドで兜の表示のオン/オフがオプションで用意されているのはキャラクリがある
ゲームには嬉しい要素ですよね。せっかく顔をクリエイトしても兜で顔が見えないこともあるので、
キャラクリがあるゲームには標準搭載して欲しいぐらいw ちなみに会話イベントなどではオンでも
『ドラゴンエイジ 2』では兜が表示されないような仕様になっていますけど。


パーティ内キャラクターそれぞれに細かい行動指示を与えることで戦略性の高い戦い方が出来る
『ドラゴンエイジ:オリジンズ』のシステムを受け継ぎ、本作ではキャラクターの移動ポイント先を
指定できるようになったのはタンク役を後衛から引き離したり出来ることが可能となって非常に嬉しい。
前作では後衛職のキャラクターの防御力が低すぎて敵の攻撃を集中して受ければすぐに死んでしまい、
タンク役の戦士にヘイト管理をさせて攻撃を集めなければ簡単に全滅するぐらいシビアな戦闘でした!
まさにMMORPG的な職の役割とキャラクターの切り替えを頻繁に利用することが大事でしたが、
『ドラゴンエイジ 2』の難易度ノーマルは前作と同じノーマルでも格段に優しくなっているので、
キャラクターの切り替えもあまり使わなくてもサクサクと進めるぐらいになったのはテンポが良い!
移動ポイント先の指定は広範囲攻撃をしてくる敵にはかなり有効だということをアマチュアドラゴンで
確認しましたよ! (`・ω・´)


そして、もう一つの追加戦闘システムとして「クロスクラス・コンボ」というものが搭載されました。
一人がアビリティで敵をステータス異常(脆弱、恐怖、めまい)にさせ、そこへ他のキャラクターが
特定のアビリティで攻撃を行うと「クロスクラス・コンボ」と呼ばれる強力なコンボ攻撃となります。
説明書に書いてある以外にもいくつかの組み合わせがあるようなので、パターンを作って戦術に
組み込んでおけば、戦いに役に立つ要素に違いありません!前作のシビアな戦闘も雑魚戦でも気が
抜けずにやりごたえがあって面白かったですが、本作の新しい戦闘は万人向けになっている印象。
しかし、作戦を立ててヘイトの管理などをしないと全滅してしまう難しい箇所もある!


相変わらずの会話の面白さはBioWareのRPGですね。会話の中で選択できる選択肢の豊富さ!
会話から出てくる多くのこの世界の情報から知的好奇心をくすぐられてしまいます。
セカンダリーストーリーの物語や選択肢もしっかりと作られているのはいいのですが、
残念なことにクエストで訪れることになるダンジョンマップの使い回しが非常に目立っていますね。
異なるクエストで違う場所に入ったのに、入った先には見覚えのあるマップに遭遇することも!
配置されているアイテムや敵が異なる点はもちろんですが、行けるマップの場所がちょっと異なる
くらいでマップそのものは全く同じというのは明らかに手抜きが分かって残念で仕方ない!


クエストを黙々と進めていたらトレーラーでも登場していたクナリ族に遭遇しましたよ!
全然前情報や公式サイトも見ていなかったからあの容姿からしてダークスポーンかと思っていた
んですけど違いましたw カークウォールに住むちゃんとした種族だったようですw (゚Д゚)ゴメンナサイ!
このクナリ族・・・喋るダークスポーンで登場していたとしても違和感のない風格じゃないですか!
しかし、このクナリ族が登場するトレーラーは何度見ても凄くかっこいい。


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。