スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『DRAGON AGE II(ドラゴンエイジ 2)』 *3 ロマンス♪



ストーリーを進めるにつれて増えていく仲間の中から選択し、現在のメインパーティとしているのが
アヴェリン(タンク)、ファンリス(アタッカー)、アンダース(ヒーラー)、ホーク(イケメン)の4人で安定!

アンダースって『ドラゴンエイジ:アウェイクニング』で登場していたキャラクターのはずなのに、
拡張パックをプレイしたのが約1年前だからなのか・・・存在を全然思い出せないキャラクターの一人ですw
『ドラゴンエイジ:オリジンズ』では第五次ブライトの1年を描いたストーリーでしたが、『ドラゴンエイジ 2』
では第五次ブライトを鎮めたその後が描かれるので前作で登場したキャラクターたちが登場する
こともあり、前作ファンならニヤリとしてしまうイベントもあることでしょう!!


仲間といえばホークの行動や言動に応じて変化していく「フレンド」と「ライバル」の評価。
ホークとの会話の中でホークの決定や選択を支持するときは「友好度」が増加し、「フレンド」に
近づく。逆にホークが決定した選択に反対している場合は「敵対度」が増加し、より「ライバル」に
近づくというシステムが搭載されているのは前作の『ドラゴンエイジ:オリジンズ』と同じシステム。
「フレンド」「ライバル」のどちらかに大きく偏ることでステータスアップにつながるパッシブアビリティが
アンロックさるようにもなっております。フレンド/ライバルゲージが一定まで増えることでカークウォール
の各キャラクターの家で発生する新しいサブイベントのストーリーもしっかりと用意されていますし、
仲間となるキャラクターのこともより知れる内容となっている点において、RPGでそこそこ重要であろう
各キャラクターの過去などを掘り下げて色々知り、仲間に愛着が湧くということに繋がります。

この「フレンド」「ライバル」は各キャラクターのサブイベントを発生させる以外にもホークに対する
態度やキャラクターが持つ考え方、さらには恋愛関係に発展する"ロマンス"があるのは前作と同じ!
"ロマンス"が発生するキャラクターは決まっており、ロマンスに持ち込めるかはホークの性別や会話に
よる評価が影響してきますね。ジーク・ホークは英雄の器にあり、顔もイケメン! 仲間受けもイイ!
という最高の主人公なのでモテてしまうわけですよ♪


ホーク「アレではご不満か? 男と一緒になるってのは、おかしな気分か?」
フェンリス「今までで夢見た中で最高の経験だった」 (゚Д゚;)ウワァァァ!!


(フェンリスとホークの関係に気づきつつもホークを気にしてしまうアンダースさん)
ホーク「フェンリスとは何でもなかった。私はお前しか見えていない。」
そして、抱きあう二人の男・・・ (゚Д゚;)ウワァァァァァァ!!!!

「フレンド」上昇!"ロマンス"発生! 家に呼んで皆さんお待ちかねのお楽しみが始まるイベントあり!
相手は魔導師アンダース・・・そうです、同性同士の"ロマンス"も可能という自由度の高さ!?
一回のロマンスを終了したら別のキャラクターとのロマンスも可能ということで、次はフェンリス!
男同士の絡みが2回も見せつけられたという!(自分で選択しました。)男受けのイイ英雄ですこと。
女性キャラクターとのロマンスはまだ無いということは言うまでもない・・・。


あぁ・・・モリガンとのロマンスはいい思い出でした。 (´・ω・`)

関連記事

この記事へのコメント

- 灯火 - 2012年02月25日 21:33:41

>女性キャラクターとのロマンスはまだ無いということは言うまでもない・・・

ぎゃあああああww

Re: タイトルなし - ジーク - 2012年02月27日 22:02:00

灯火さん

どうやら私は別の道の新しい扉を開けてしまったようです!
男もいいものだ・・・(ぇ

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。