スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『NINJA GAIDEN 3』の店頭体験会に行く!



コーエーテクモゲームスの『NINJA GAIDEN 3(ニンジャガイデン3)』の店頭体験会が2012年3月17日に、
ヤマダ電機LABI1 池袋モバイルドリーム館で行われたのでコッソリと行って来ましたよ!

行く時にダラダラしすぎて到着したのが13時20分くらいになってしまい早矢仕氏のトークイベントは
ほとんど聞けずに終了してしまう自体に!! 唯一聞けたのは「20代、30代、それ以上の方々に向けた
ゲームを今回は作りました。今のゲームに物足りなさを感じている人はぜひ体験してください。」と言って
早矢仕氏は奥に去ってしまうのであった。 /(´・ω・`)\ナンテコッタイ
まぁ 生の早矢仕さんを見れただけでも良しとしますか・・・(詳細は4Gamerのトークショウレポート

 
本題の体験会でプレイできたステージはDay 2の砂漠ステージで、日本では初のプレイアブル出展。
海外向けに公開されたゲームプレイ映像でも確認できるあのステージとなっておりました。
選択できた難易度は「ヒーロー」「ノーマル」「ハード」の3つで、プレイする際に「死んだらどうなりますか?」
と聞いたところ、「直前から再開できますよ。」とのことだったので、「ハード」を選択していざプレイ!
『NINJA GAIDEN』経験者でもやはり難易度ハードは難しかった・・・途中で見事に死んでしまいました。
死んでも直前から再開できる快適性の高さを確認できたのは大きな収入だったと考えております!w
死亡後、素直に「ノーマル」に変えて進めましたが、難易度「ノーマル」は逆に簡単すぎる気がしました。
そう、ゲームプレイ中でも難易度はスタートメニューから変えることが可能です。変えても直前の
チェックポイントから再開できるという点も嬉しいですよね。 「ハード」だと敵の一撃が重くて難しい
ので、高難易度を好むプレイヤーも楽しめるのではないでしょうか。

セレクトボタンを押すことで「スライディング」や「立ち」など、リュウ・ハヤブサの現在の状態での
リアルタイムで表示されるコンボ表が画面右側に表示できる仕様となっているのは良いところ。
それとムービーはスタートボタンからの「ムービースキップ」で飛ばすことも出来ます。体験会では15分
という短い時間だったので、プレイ出来る時間を伸ばすためにムービーは飛ばしましたよ!
製品版でじっくり堪能しようと思います!!

ゲームプレイ映像でも確認できる通り、トドメの演出に磨きがかかっていますよね。適当にボタンを
押しているだけでも「断骨」により、バイオレンスでスタイリッシュなアクションが可能となっております。
「黄色エッセンス」「青エッセンス」などは出現せずに、忍法で敵を喰らいHPを回復。 忍法のゲージは敵を
攻撃することでゲージが溜まっていくようです。(違っている可能性も大ですが!!)

余談ですが、可愛い娘が『NINJA GAIDEN 3』をプレイして、普通にうまかったのはすごくかっこ良かった。
「あんなプレイ見せられたら・・・惚れてまうやろー!」ですね・・・w (`・ω・´)b
体験後にアンケートに答えて貰ったB2サイズの『NINJA GAIDEN 3』のポスターデザインはパッケージと
ほぼ同じです。正直言ってこのポスター欲しさに行ったと言っても過言じゃありませんね!!w
店頭体験会は20日にも行われるらしいので、ポスターほしい方は行ってみましょう!w



関連記事

この記事へのコメント

- 忍犬' - 2012年03月19日 02:46:01

9日にも行きましたが、発売前に難易度ハードを体験するため20日の体験会に行く予定ですw
限定版も予約したし待ちきれないですね。

Re: タイトルなし - ジーク - 2012年03月20日 02:35:50

忍犬さん

おぉ! 難易度ハード応援していますよ!自分は途中でノーマルに変えちゃいました・・・w
自分も限定版を予約済み・・・ワクワクしますねぇぇ!!

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。