スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲&降誕の刻印 HDコレクション』 「ゴッド・オブ・ウォー 降誕の刻印 HD」レビュー


ストーリーモードのクリアまでのボリュームは約8時間でした。PSP向けに開発されたとは思えないクオリティに驚いた『ゴッド・オブ・ウォー 降誕の刻印』のレビュー/プレイ感想です。



同じPSP向けに発売された『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』を開発したReady at Dawn Studiosが引き続き担当している本作。ストーリーはアテナに利用され、新たな戦神へとなったクレイトス。神になっても悪夢に苛まれ続ける彼は、その真相を探るべく、母に会うために海洋神ポセイドンが収めるアトランティスへと向かう、『ゴッド・オブ・ウォー』と『ゴッド・オブ・ウォー II』の間の物語が描かれる。トリロジーではあまり描かれて来なかったクレイトス自身の右目にある傷や赤い刺青を体に刻んだ理由、クレイトスの弟"デイモス"などの身内のことが描かれる興味深い内容でした。かつて、スパルタの戦士で新たな戦神となったクレイトスを信仰するスパルタの街の登場なども凄く良かったですねぇ~。(刺青などはトレジャーのボーナス映像で見られるようになるのでぜひ見てほしい。)全体的にクレイトスの過去をフィーチャーしている内容でしたよ!


『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』から大きく進化したビジュアル面や演出が凄く良かった。特に演出は据え置き並に迫力のあるものが見れる。CSアタックがよりダイナミックなアクションに変わって、重みを感じる攻撃になっているのはの視覚的な爽快感はなかなかのものです。そして、『ゴッド・オブ・ウォー III』の後に発売したということもあってCSアタックのボタン入力表示がコントローラーのボタン位置になっている点は、ボタン表示を凝視しなくて済むやりやすい点ですよね。ステージのギミックや視覚的な変化を楽しめる種類も多かったです。


『ゴッド・オブ・ウォー 降誕の刻印』には新たな戦闘システムとして敵に突進して衝突しながら敵をつかむ"ヒュペリオン・チャージ"やブレイズ・オブ・アテナに炎を宿すことが出来る"テーラ・ベイン"が搭載。使用できる魔法は1つ増えて3となり、新たな武器は1つながらも、世界観に非常にマッチしている槍と盾の新たな武器"アームズ・オブ・スパルタ"は面白い武器でした。本作の売りであろう巨大モンスターとの戦闘も『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』より多かった。本作で初となるクレイトスの弟"デイモス"と共闘できるシーンがあるなど非常に盛り上がる戦闘もあって満足できるものでした。

神々の試練が「アレスの試練(5つ)」「アテナの試練(8つ)」と増えたほか、選んだ敵と戦うことが出来る闘技場、オーブを捧げて宝物(トレジャー関連)を解除するゼウスの神殿の搭載など、やりこみ要素となるトレジャーも『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』より多くなっている点も嬉しい。

全体的なクオリティがPSP向けに開発されたとは思えない出来。ストーリーモードのボリュームが『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』より増えているので満足。HD化していることもあってよりPS2レベルに到達していると感じるだけにすごい。ゲーム中のロードもほぼ無いに等しいくらいで快適性も高いが、さすがに5作目だけあってマンネリ感はあるけど安定して面白いので止められませんね。 気になる悪いところがあまり無いんですけど、固定カメラは全体的に快適だが所々見難いところもあることや、『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』でも起こった字幕と音声のズレは健在でした・・・w PS3向けに発売が予定されている最新作『GOD OF WAR: Ascension』の前にシリーズファンならプレイしておいて損はないはず!


プラチナトロフィーも取りました。プラチナまで最短でやれば約10~11時間くらいといったところでしょう!据え置き向けトリロジー全作のプラチナトロフィーも取っているのでシリーズ完全制覇達成!『GOD OF WAR: Ascension』を正座して気持よく待つ事ができそうです!! (`・ω・´)v


関連記事

この記事へのコメント

- 無月 - 2012年05月03日 22:22:00

個人的に降誕はシリーズでも上位の出来だったかと思います
ただレイス(潜る敵)だけはいらんです

- カクボン - 2012年05月04日 03:25:30

降誕は本当に良くできていたと思います。
テーラペインのお陰で爽快感もありました。
デイモスとの共闘のようなシーンは次回作でも活かして欲しいですね。

Re: タイトルなし - ジーク - 2012年05月08日 20:51:08

無月さん

携帯機向けとは思えないぐらいのクオリティで普通に面白かったですねぇー!
レイスは分かります・・・あの敵は雑魚のくせにかなり厄介でした・・・w

カクボンさん

PSP史上最高のゲームだったかも・・・PS3でプレイしたけど!w
共闘ってこれまで無かった要素なので次回作でも採用して欲しいような要素でありました!

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。