スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゴッド・オブ・ウォー ゲームディレクター開発秘話」が実に興味深い!


『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲&降誕の刻印 HDコレクション』に収録されている「ゴッド・オブ・ウォー ゲームディレクター開発秘話」がとても興味深く面白い内容だったので改めて紹介したくなっちゃいました! (^ω^)


2004年、ディレクターのデイビッド・ジャッフェの指揮の下、カリフォルニアの革新的なゲーム開発スタジオであるサンタモニカスタジオのチームが史上最高の一つとも言われるゲームを制作した。『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズでは毎回、新しいディレクターがクレイトスの物語を紡いできたという情報は新発見! 2005年にPS2向けに発売された『ゴッド・オブ・ウォー』の売上が数百万に達し、評論家から賞賛され、数々の賞を獲得した。この伝説の裏にいるユニークなクリエーターたちにお話を聞ける、海外ファンを招待して2010年に開催された1時間22分にも及ぶ"GOD OF WAR GAME DIRECTORS LIVE"イベントの模様が『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲&降誕の刻印 HDコレクション』に収録されているのですが、登場するクリエイターたちがPS2/PS3/PSP向けに展開されてきたシリーズ5作品のディレクターを務めた5人がトークを繰り広げるという何とも贅沢な内容となっております!

『ゴッド・オブ・ウォー』 デイビット・ジャッフェ氏   『ゴッド・オブ・ウォー II』 コリー・バーログ氏


『ゴッド・オブ・ウォー III』 スティグ・アスムッセン氏


『GOW 落日の悲愴曲』ルー・ヴェラスリヤ氏   『GOW 降誕の刻印』 ディナ・ジャン氏


きっと興味深い!
 
 
 
 
 
ディスクを入れてXMBのビデオから楽しめるこの特典映像の字幕表示も非常に見やすく、しっかりとローカライズされている点も嬉しい。『ゴッド・オブ・ウォー』 『ゴッド・オブ・ウォー II』のディレクターが既に考えていた『ゴッド・オブ・ウォー』の異なるエンディング、ゲームディレクターとは?、『ゴッド オブ ウォー』で登場した多彩なステージや武器設定、ギリシャ神話の壮大なストーリー設定、『ゴッド・オブ・ウォー IV』?、衝撃を受けたアクションゲーム(鬼武者、デビルメイクライ、レッド・デッド・リデンプション、ボーダーランズ)など、『ゴッドオブウォー』尽くしのお話が聞ける、シリーズファンなら間違いなく見て損はない興味深い開発秘話がきけるので非常に面白いですよ。これはぜひ見てほしいなぁ~ (`・ω・´)

そして、作品ごとにゲームディレクターが変わる『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズの最新作『GOD OF WAR: Ascension』では、『ゴッド・オブ・ウォー III』のデザインディレクターを務めたTodd Papy氏が新たなゲームディレクターになることが判明しています。



関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。