スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のお届けモノ:『STARHAWK(スターホーク)』


本日のお届けモノは・・・SCEJセンス炸裂「あの手!この手!ド派手! なんでもアリのバトルスペースがここに!」 耳に残る素晴らしいメインテーマを持つPS3専用ソフト『STARHAWK(スターホーク)』。

あの手!この手!ド派手!!なんでもアリの"ダイナミック・バトル・スペース"
 戦闘機、変形ロボ、戦車、砲台、を始めとした30種類以上の兵器が激突!!
 スナイパー、パイロット、ドライバーなど様々な役割で戦える"破天荒バトル空間"

PS3専用配信タイトル『ウォーホーク』の精神を受け継ぐ新作として、TPS+RTS/銃撃戦+戦略性の「ビルド&バトル」を大きな特徴とする、LightBox Interactiveにより開発された『STARHAWK(スターホーク)』は1人用のストーリーモード、最大4人まで対応するCo-opモード(プロスペクター)、広大なマップで最大32人まで対応したマルチプレイ対戦を搭載しています。





ロボット&メカニックイラストレーター天神氏が手がける国内版と海外版のパッケージデザインを見比べてみると、個人的には国内版のほうが戦闘を行なっている臨場感を感じるので良いような気がしますが、確実に右下に描かれた主人公"エメット・グレイブス"に目が行ってしまい、彼のいかつい顔が印象に残ると想像できます・・・w

『STARHAWK(スターホーク)』初回生産分購入特典は、PS3版『ウォーホーク』と『STARHAWK(スターホーク)』の原点とも言える。1996年発売の本格フライトシューティング。PS用ソフト『WARHAWK(邦題:エア・アサルト)』がダウンロードできるできるプロダクトコードが封入されています。さらに、自分はAmazonで購入したので協力プレイ用追加マップの「絶望の淵(プロスペクター用マップ)」が封入されていました。

「絶望の淵(プロスペクター用マップ)」
 惑星面の下層部にあるリフトエネルギーの採掘場、「絶望の淵」は「ダスト惑星」の中でも危険であり、さらに「アウトキャスト」最古の種族となる「シェード」の縄張りだ。純血の「シェード」は長い年月を経てその強さと高い戦闘の能力を培いプレイヤーを襲う。言うまでもなく絶望の淵での戦いは非常に難解なものとなりあなたのシューティングスキルが試されるだろう。

『STARHAWK』製品パッケージにおける誤表示に関するお詫びと訂正




関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。