スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『DRAGON’S DOGMA(ドラゴンズドグマ)』 *3 ワイルドレンジャー


始めた当初選んだ"ストライダー"のジョブレベルがカンストしてしまったので、ストライダーの上級職で弓能力がさらに強化された弓のエキスパート"レンジャー"にジョブチェンジ!!


フィールドを探索していたら狼の皮を使ったワイルドな防具を入手したので、レンジャーというかまさに狩人を彷彿とさせる外見を実現いたしました。(ワイルドだろぅ~?) ストライダーからレンジャーにジョブチェンジをしたのですが、プレイ時間30時間間近ということもあってレンジャーのジョブレベルもカンストしてしまうという自体に。プレイしていて感じるのはレベルやジョブレベルがサクサク上がってなかなかに気持ちがいいということです。次はアサシンでもやってみようか・・・それともこのままレンジャーとして生きていこうかと迷っているところであります。 それにしてもレンジャーのジョブレベルをカンストして弓のスキルを全部使えるようになったのですが、スタミナを全て消費して矢の視点になって自らが軌道を操作できる矢を放つ"全霊弓"や全体的なスキルがイマイチパッとしませんね・・・"全霊弓"は発生までタメもあるしスタミナを全消費するので使い勝手的には微妙すぎる性能。全体的に攻撃系の弓スキルのバランスが悪いような気が。現在は燃費が良くて威力も見込める鳳凰射ちと綴れ射ちの2つに頼ってしまう状況に陥っていますw ちなみに最終的に決めた自分の弓スキル構成は鳳凰射ち2、綴れ射ち2、仕込み軟体矢2です。弓メインで行きたかったからメイン部分にも弓スキルを装備できたら良かったのに~。


初期はメイジだったフレイヤさんもメイジの上位職となるソーサラーへとジョブチェンジさせました。ジョブチェンジさせる時にメインポーンは基本職と上位強化職にしかジョブチェンジ出来ないことに気づく・・・! ソーサラーは詠唱時間は長くなるが威力絶大の範囲魔法を放ってくれるので助かる場面も多いいのです。特に隕石を降らすメテオフォールとか凄まじいですね・・・。しかし、メイジと違って回復魔法は持たない敵の殲滅が目的の魔法のみに特化したジョブなので、回復役も担っていたフレイヤさんの代わりに各エンチャントや回復魔法を行なってくれるサポート専用のメイジさんを借りている状況になっています。なので現在の基本的なパーティはジーク(レンジャー遊び人)、フレイヤ(ソーサラー)、サポートポーン(ファイター/ウォリアー)、メイジ(サポート専用メイジ)という構成にしています。フレイヤさんの画像は最新のもので、防具の性能だけではなく見た目も可愛くなるように防具を選んでいますよ。全体的に黒色でまとめた最新の防具のチャームポイントは絶対領域と呼ばれる太ももの素肌が露出した部分です。ビジュアル的になかなかカッコイイ装備が揃っているのは日本のゲーム的なセンスを感じますね。それとメインポーンの露出度が高いと雇われやすいという都市伝説を聞いたんですけど・・・!



部位破壊が存在したり普通とは違うちょっと変わった倒し方もある様々な巨大モンスターとの死闘を経て中盤?な『ドラゴンズドグマ』はメインの拠点となるとても大きい領都グラン・ソレンでクエストを受けて各方面へお使いに出かけるという進め方へと変化し、フィールドが広大なために走って目的地まで行くのが面倒に思えてきてしまったのも事実・・・。洋ゲーの移動が面倒なオープンワールドRPGなら大抵は存在する目的地まで一瞬で行くことが出来るファストトラベルが自由に出来ないということが不便でしょうがありません。目的地まで一瞬で行けるファストトラベル自体が出来ないことはないのですがアイテムを使うことで出来る仕様となっており、そのアイテムが貴重なアイテムという設定で高額なため、NPCから買って気軽に使うということができない状態にあるのです。(´・ω・`) フィールド自体は洋ゲーの有名なオープンワールドゲームに比べたら小さいのですけど、それでも面倒だと思うぐらいの距離は走らされるので走るより早い馬的な移動手段が欲しくてたまりませんねぇ。移動の快適さをわざわざ低くした理由を小一時間問い詰めたいレベル。と文句を言いつつも、今日も走ることは止められません!




関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。