スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』 *1 ジオンで参戦してみた


最大12人対戦対応、基本プレイ料金無料のガンダムバトルオンラインアクション PS3専用配信ソフト『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』をプレイしてみたファーストレビューです。



ルーム選択式でチーム所属(地球連邦/ジオン)を希望できる検索方式なのは分かっていますね。自分の場合ジオン側でしかゲームに参加しないようにしていますよ(連邦で一回出撃したけど・・・w)。実際にゲームを遊んで感じたことは動作が結構もっさりだということ。MSの重量が感じられる動きというのでしょう、このもっさり自体は別にいいとしても、MS自体の耐久度が高すぎて倒すのに時間がかかって爽快感をまったく感じられないよ! 戦場ではMSはもちろんのこと、MSを降りて歩兵として戦場に立つことも可能なのは結構面白いのですが、リペアツールを使用してMSを修理してもポイントがはいらないため、自分のMSを修理するぐらいしか使われないのが残念。ポイントが入ればもっと使ってもらえると思います・・・いろいろと調整が大味すぎる!

ルームではテキストチャットやボイスチャットも可能で、ゲーム中にも十字キーのメッセージで固定文を選択する簡易的テキストチャットがありますが、殆どの人が野良でルームに参加しているので挨拶する程度、もしくは無言の場合が多いのでゲーム中の連携などはなかなか難しいです。なので地形を生かした戦略性を練るというのも難しく、結構パワープレイに陥ることが多いのが現状なのではないでしょうか。


ゲーム終了後に貰える報酬は階級EXP、兵器を開発するために必要な開発ポイント、そして設計図の3つです。特に重要なのは新しいMSやカスタムパーツを開発することが出来るようになる設計図。ランダムで貰える設計図を集めて100%にすることで、開発ポイントを消費して開発することが可能になっています。ちなみに最近「ザクマシンガン Lv2」と「ザクキャノン」を開発しましたよ!

公式サイトでは"山岳地帯" "砂漠" "無人都市"が紹介されていますが、正式サービスが開始されたばかりの現状では選択できるマップが"山岳地帯"しかないので正直飽きます・・・マップ自体も狭いですし。 "砂漠"が7月2日に開放されるようなので少しは違った面白みも出てくるのではないかと期待していますが、根本にあるゲームルールがたった一つしか無いというのも飽きてしまう原因ですよね・・・。

遊んでいて快適性の問題を感じてしまうことが多いです。ルームに入っている全員が「戦闘準備完了」しなければ戦闘が開始されないのですが、その際の時間制限が無いせいで長い時間待たされることになる場合も多いです。戦闘準備完了して戦闘が開始されるまでも結構長いロードやセーブなんかが入って、8分という戦闘時間と待っている時間が同じだったり長かったりしてしまうテンポの悪さがすごい・・・。もっとテンポよくゲームを開始させて欲しいよ。

2時間ごとに無料で支給される「出撃エネルギー」があるものの、無料で支給される「出撃エネルギー」がストックできるのがたったの3つと少々ケチなのも気になります。この「出撃エネルギー」を1つ消費することでゲームに参加することが出来るという仕組みなのですが、無課金の人によっては一日3回しか遊べないという自体も起こりえますね。基本プレイ無料という前提があるけどこの課金形態の内容自体も結構不満ですしゲーム内容自体も現状微妙で「ガンダム」の名が付いていなかったら、速攻で辞めてしまうクオリティ・・・w しかし、アップデートに期待してちょっとづつプレイしようかと思います。今はリリースキャンペーン期間で1プレイ50円ですが、7月12日以降は1プレイ100円とかどう考えても高すぎるし、この程度のクオリティのゲームに課金する気はさらさら無いので無課金でどこまで行けるか・・・!
(`・ω・´)ノ ジークジオン!ジークジオン!! ガンダムは・・・敵!!!
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。