スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Dead Island(デッドアイランド)』 *1 楽園のはずだった!


そこは、楽園のはずだった―。 あの衝撃的なトレーラーで一躍話題になったアクション・RPG『Dead Island(デッドアイランド)』をプレイ中~。



狂気、死臭、混乱…。人生を謳歌するために訪れた楽園は、生を屠る島へと一変した。バノイ島で原因不明のゾンビ・アウトブレイクが発生。完全な混乱へと陥いる人々。世界の安息から隔絶されたプレイヤーが生きるために残された道は、ゾンビと戦い、この島を脱出することのみだった。オープンワールドの灼熱の島全体を舞台に、生き延びるための戦いが始まる。

最近ではアメコミが原作の海外ドラマ「ウォーキング・デッド」を視聴したり、国内向けに日本語訳されて発売され始めた原作の「ウォーキング・デッド」も買っちゃいましたよ。自分の中で軽くゾンビブームが訪れていたのか・・・ゾンビを題材にしたゲームをプレイしようということもあり、まだ未プレイだった本作を買ってみました。



まず最初に選択できる4人の主人公は適当にローガンを選択して初めてみました。オープンワールドとなる南国の楽園バノイ島を舞台に繰り広げられるサバイバル。主に近接戦闘に重点を置いた一人称視点のアクションゲームとなっており、銃火器は貴重な武器なので、そこら辺に転がっているような鈍器や刃物をメインにゾンビと戦うスタイルはサバイバル感を感じられて良いですね。蹴り飛ばしてボコボコパターンでひとまず安定ですよっ。人間でも略奪者となったギャングを殺して奪えば銃は手に入るんですけど、威力がそんなに高くないのと弾を豊富にストックできないので重火器で無双出来ないのもグッド。そんな武器も使うほどに劣化していくので修理したり改造したりして強化しなければならず、武器の劣化が凄く早いので修理費も馬鹿になりません! 他にも設計図を入手し、必要な素材と武器を所持していれば新たな武器の作成が出来る要素も搭載されています。


ストーリーの進め方は生存者のNPCからメインクエストを受けてクエスト発生場所まで移動して攻略することで物語は進みます。メインクエストの他にも生存者から頼まれるサブクエストも豊富に用意されていますが、オープンワールドのゲームなので予想できる通りお使いクエストとなります。それはそれはストーリー性も薄く淡々とひたすら使いっ走りにさせられるので内容的にも面白いものではありません。探索で得られる強い武器にニヤニヤしたり、レベルアップによる新たなスキルによってなんとかモチベーションを維持しています・・・w


一人称のアクションゲームだけどキャラクターにレベルがあるのも特徴ですね。レベルが上がればスキルポイントを得られ、スキルポイントをスキルツリーに振り分けることでキャラクターを強化していくRPG要素もあります。キャラクター専用スキルを上げずに「コンバット」と「サバイバル」をひたすら上げているという。


海外版と日本語版の表現に違いは人間敵キャラクターの部位欠損の削除とゾンビの内臓部分の色味変更となっており、ゾンビの内蔵が黒いのが気になりますが、四肢の切断表現や頭が吹き飛ぶなどは健在なのはとりあえず良かった。それと日本語吹き替えになっているのは地味に嬉しいところかも。

そういえば発売当初はバグだらけで評価を落としていましたが、パッチが配信されて発売から約一年たった現在ではバグらしいなバグに遭遇することもなく普通に遊べるようになっているのではないでしょうか! しかし、発売から一年たってしまっているのと、日本隔離サーバーなのでオンラインに人がいなくてCo-opプレイが遊べませんw 一人で最後まで生き抜けというのか・・・! /(^o^)\ナンテコッタイ




関連記事

この記事へのコメント

- ymsh@ぐみお - 2012年08月13日 15:31:41

『Dead Island』、面白そうですね~!
レベルやスキルなどのRPG要素、クエストタイプのオープンワールドゲーム、それぞれ持ち味の違う4人の主人公──
記事を読ませていただく限り、どことなくサバイバル色が強くなった『Borderlands』といった印象を持ちました(笑)
こういうタイプのゲームは個人的にかなり好きな部類なので、凄くハマれそうです。
というかこんな面白そうなゲームをなんで私は今までスルーしてたんだろう…(ーー;)

そういえば少し前に海外の方ではDLC全部入りのGOTYエディションが発売されていたので、
「もしかしたら日本にもGOTYエディションくるかも?」なんて淡い期待をしていますが、
未だに発表がないので可能性は薄そうですね…おとなしく通常版の方買おうかな><

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。