スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーエーテクモゲームス新作体験イベントで『真・北斗無双』を試遊させてもらいました。



TGS 2012でコーエーテクモゲームス新作体験イベントに参加して、『真・北斗無双』を試遊させてもらいました。 実は原作を読んだことがないので、薄い知識しか持ち合わせていないんですけど! :(;゙゚'ω゚'):



自分は前作未プレイで原作の「北斗の拳」を読んでいない一人として試遊。 TGS 2012バージョンは初心者向けのシナリオの「Z(ジード)襲来」と、上級者向けシナリオ「死を喰らう奴ら!」の2つのシナリオが選べる仕様。 原作のストーリーもあまり分からないので「Z(ジード)襲来」を選択しました。 基本的な操作性は弱ボタンと強ボタンを組合わせるという無双シリーズと同様で取っ付きやすく、無双シリーズをプレイした方なら短い試遊時間でも慣れることが出来るでしょう。 無双シリーズは久々でしたが、スピード感、攻撃エフェクト、サウンド効果によって、雑魚敵に対する一騎当千の爽快感を感じることが出来ました。 キャラクターモデリングを利用した漫画的なコマ割りで進行していくイベントが用意されているところにも注目点だと思います。



ちょっと前作をプレイしていないので比較ができないのですが、回避やダッシュといった新要素が取り入れられているらしく、間合いを一気に詰めることや、ボス戦で相手の攻撃に合わせてタイミングよく×ボタンを押すことによって攻撃を回避したり、回避後にカウンターらしき攻撃に派生できるのも面白い。

聞いたお話の中に、攻撃の重さを感じさせるようにしていた前作とは違って『真・北斗無双』では軽快なアクションを実現し、"無双"らしい一騎当千の爽快感を重視して開発されていることを明かしてくれました。 実際に試遊してみると、確かに従来の"無双"らしい軽快なアクションによる一騎当千の爽快感を感じることが出来たというのが感想です。 こういうゲームでのコラボ作品は原作のストーリーが薄くなりがちですが、本作での進化としてエピソードの強化を図り、原作の物語をゲームで楽しめてしまうほどになっているんだとか。 原作ファンはもちろんのこと、原作を知らない方でもゲームという別の形で原作を楽しむことが出来るのは嬉しい点なのではないでしょうか。 『真・北斗無双』は、TGS 2012での試遊も可能となっておりますので興味のある方は是非に!


この記事は『コーエーテクモゲームス』の体験会に参加して書いています。本企画への参加及び記事掲載に対する金銭報酬等はありません。また、事実誤認の修正及びこの文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。




関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。