スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーエーテクモゲームス新作体験イベントでWiiU版『三國志 12』を試遊させてもらいました。



コーエーテクモゲームス新作体験イベントで、PCから家庭用ゲーム機のPS3/WiiU向けに移植されるリアルタイムシミュレーション作品の『三國志 12』も試遊させてもらいました。



ゲーマーと言えども本格派のリアルタイムシミュレーション作品とは全く縁がなく、あるとすれば別のジャンルのミニゲーム的なものぐらいな自分が約2,30分の試遊時間で多くの要素を理解するのは難しいわけですが、とても短い時間の試遊でも、ゲームの流れとして都市パートで国力を強化し、他国へ攻め込んで勢力を拡大する戦闘パートの2つのパートに分かれ、都市パートでのいくつかの内政コマンドの実行の意味や、リアルタイムで行われる戦闘パートの勝利条件などの基本はゲーム内のヘルプで教えてくれます。全くの未経験でもゲームを進行しながらのヘルプで、少しづつ理解しながらプレイできるようにはなっているようです。そして、コンソール版の利点として部隊や敵の陣などを簡単に選べるようにPC版とは操作性も変更されています。

そういえば自分が試遊した台が、なんと今話題のWiiU版の『三国志 12』だったのです。 任天堂はTGSに出展しないので、ゲームパッドを実際に持って操作したのはなかなか貴重な体験かもしれませんよ! ゲームパッドは思ったよりも意外と軽かったというのが大きな印象。 やはりというか・・・ボタン配置的にやりやすいとは思えなかったですw 試遊台に大きなTVも用意されていましたが、せっかくなのでゲームパッドのスクリーンをずっと見てプレイしていました。

質疑応答では、PS3とWii Uのマルチで発売される『三国志 12』はそれぞれの機種で基本的に差別化はしないようにしているが、Wii U版はゲームパッドのみでも遊べるようにしていて、フリック入力によってマップをスクロールできるようにしていることが明かされています。 そして、このゲームパッドでの操作ではフリック入力によるマップスクロールのみに限定している理由は、実際にタッチ操作による操作を考えてみたが、細々としていてミスタッチが発生しやすいと考えたからマップスクロールのみとしているとのこと。

TGS 2012に出展されているので、運が良ければWiiUのゲームパッドで試遊できるかもしれませんよ! (`・ω・´)


この記事は『コーエーテクモゲームス』の体験会に参加して書いています。本企画への参加及び記事掲載に対する金銭報酬等はありません。また、事実誤認の修正及びこの文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。


関連記事

この記事へのコメント

- 無名さん - 2012年09月22日 17:20:15

公式HPに「武将抜擢システム」をPS3版に搭載すると書いてあるんですが、
これは差別化とは違うんでしょうかね。
質疑応答の際に誰かに聞いてみて欲しかったですね。

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。