スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ASSASSIN'S CREED III(アサシンクリード 3)』 *1 パッチノート


ステルスアクション『ASSASSIN'S CREED III(アサシンクリード 3)』総プレイ時間は約14時間くらいになりました。 とりあえず、ある程度プレイして感じる進化している点や新要素などの気になる点や感想です。


本作の新主人公として紹介されていたコナーが登場し、アサシンになるまでが想像以上に長かった! 最初は誰を操作しているのだろうと疑問に思いつつ、正体がよく分からなかったおじさんを操作させられるのはちょっと退屈な部分もありました。 そして、コナーになってからもチュートリアルとアサシンになるまでがちょっと長めなので、最初はイマイチ面白みが薄いです。 ようやくアサシンになったものの、暗殺らしい暗殺をまだしてないんですけどね・・・w (; ・`д・´)

パッチノート
 1.ターゲットシステムの改良。戦闘中の操作がもっと快適になる。
 2.フリーランの改善。不要なタイミング/間違った方向にジャンプしなくなる。
 3.先祖の身体をより直観的に操作できるよう、入力システムの改良。
 4.移動しながらの暗殺。移動しながら武器を拾う。
 5.天候システムを実装。
 6.動物を愛でる。
 7.マップを開いてアンロックされた高速移動地点に移動できるように。
 8.マップの改善。たくさんの情報が追加され、表示されているものを以前より操作できるように。
 9.その他もっとたくさん。



『アサシンクリード 3』では、レベッカが行ったオペレーティングシステムのアップグレードにより、前作からのフリーランや戦闘時の操作性が一部変更されています。 カバーシステムの実装でカバーから暗殺するといった新たな暗殺法も増えました。 戦闘時のボタン操作が、「□:武器」、「△:飛び道具(銃や弓)」、「×:ガード崩し」、「○:カウンター」、といったように変更されているのと、敵の攻撃をカウンターすることで一時スローになって「□:カウンター攻撃」、「○:投げる」、「×:武器を奪う」といったアクションに派生できるようになりました。 他にも二人以上からの攻撃を同時に捌くダブルカウンターも可能。 パッチノートに記載されていることも含めての操作方法の変更は、前作までの操作が染み込んでいるので、最初は違和感ありまくりでしたが、プレイしている内に慣れてくるので問題はないでしょう。 個人的には暗殺アクションや戦闘がより流動的になり、爽快感を感じるキル演出によって、さらに面白くなったように思えます。

一斉射撃を防御する人間の盾。                新たな道具"ロープダート"による暗殺。






前作までの雰囲気とは大きく違う、広大な自然が待ち構えるフロンティアという未開拓地が舞台として登場。 木々の上をフリーラン出来る体験はなかなか新鮮ですが、無駄に広いと思えちゃうことも。 他にもフロンティアに生息する動物を狩って得たアイテムを売るなどしてお金を稼ぐという新たな要素が追加されましたが、これは作業感をすごく感じてしまってイマイチ面白くないですね。 凶暴な動物に襲われるとすごく簡単なQTEが発生するのは・・・!w


武器・道具ホイールのUIも一新されているが、特に道具選択では前作までのホイール状の方が良かったと思う点。

砦攻略、宝箱開け、収集物集め、様々なサブミッションなどなど、メインミッション以外にもやるべきコンテンツは多いので、ある程度消化しつつ進めています。 序盤比べれば段々と面白くなってきたことをヒシヒシと感じつつあるので、全てのミッションでフルシンクロ達成を頑張りたいよ!



関連記事

この記事へのコメント

- 忍犬' - 2012年11月24日 14:48:31

ロープダートの暗殺が必殺仕事人にしか見えないw
戦闘が楽しくなったのはいいですね。

Re: タイトルなし - ジーク - 2012年11月27日 00:13:40

忍犬'さん

まさに必殺仕事人! (`・ω・´)
戦闘は良くなったんですが、悪くなったところもあるんですよねぇ~w

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。