スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション』 *1 Revelations


『バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション』のキャンペーンモードをクリアー。 難易度「NORMAL」で開始したキャンペーンモードのレビューです。



3DSで発売されたオリジナルの「バイオハザード リベレーションズ」に、新要素やグラフィックの強化などを施して据え置き向けに発売された本作。 ゴーストシップそのものと化した豪華客船(クイーン・ゼノビア号)というシチュエーションの元、閉ざされた空間の中で、同じルートを行き来して探索することで、キーアイテムを入手し、今まで閉ざされていた新たなエリアに行くことが出来たり、新たな銃器やカスタマイズパーツを入手したりと、本作では探索を楽しむことができるゲームデザインとなっております。 他にも敵を倒しても弾薬を落とさないので、消費アイテムは探索でしか得ることが出来ないところや、舞台となるクイーン・ゼノビア号で起きたことを書いたメモやファイルなどの存在は、PS初期の『バイオハザード』を彷彿させ、原点回帰となる要素を感じることが出来ました。



移動撃ちができ、近接攻撃の使用が怯んだ敵に限定されているので、射撃をメインに置いた戦闘になっています。 回避が敵の攻撃のタイミングに合わせてのボタン入力のため、タイミングがなかなかに難しいのが欠点となっており、回避を踏まえた全体的な操作性の若干の不自由さがあるのはバイオらしいです・・・w 難易度「NORMAL」での弾薬の消費は、ジェネシスを使用してアイテムを探せば弾切れになるということはなかったです。 しかし、このジェネシスを使ってスキャンするのが手間で面倒だったので、もっと簡略化して欲しかったところです。



『バイオハザード 6』のようなQTEが一切なかったのはすごく遊びやすくて評価出来ます! 「T-Abyss」に感染した人やクリチャーの異形なデザインや、狂気を感じる声は恐怖を煽るような演出もあり、序盤~中盤まではホラー要素も高く緊張感がありましたが、中盤からはシナリオの収束もあるのでホラー要素は薄くなりましたけど、シナリオを含めて十分楽しめました。 難易度「NORMAL」でクリアしたので、引き続き本作から追加された難易度「INFERNAL」や、レイドモードなども遊びたいと思いますよ!


関連記事

この記事へのコメント

- Your - 2013年05月30日 03:59:44

どうも!はじめまして(´∀`)
同じゲームブログとしてよかったら
相互リンクしませんか?(´・ω・`)
宜しかったらお願いします。

- Your - 2013年05月30日 03:59:45

どうも!はじめまして(´∀`)
同じゲームブログとしてよかったら
相互リンクしませんか?(´・ω・`)
宜しかったらお願いします。

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。