スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『THE LAST OF US(ラスト・オブ・アス)』 プレミア体験版をやってみた。


『GOD OF WAR: Ascension』購入者が対象となる時限解除式体験版が解禁されたので、『THE LAST OF US(ラスト・オブ・アス)』のプレミア体験版をプレイしてみました。



インフェクテッド(感染者)には、感染の初期段階である"ランナー"や、感染がさらに進んだ"クリッカー"などの種類があります。 "ランナー"もやっかいな存在ですが、"クリッカー"に掴まれると即死してしまうぐらい強いです。 即死効果のある"クリッカー"掴みに対処できるアイテムが「ナイフ」となっており、使うと消費してしまいますが、即死攻撃を防げる大変ありがたいアイテムとなっております。 インフェクテッド(感染者)に見つかって、殴り合いになると非常に面倒なので、ステルス状態で接近して無効化するのが効率的。 本編でも出来るだけ物資を消費せずに進めるステルスが主体となりそうな気がします。

物資も限られているため、所持している弾薬が少なく、体力も自動的に回復することはありません。 木材、鉄パイプなどの武器になるものを拾い、近接武器として使用することができますが、耐久度が存在するので使用し続ければ壊れてしまう心もとない武器です。 インフェクテッド(感染者)が強いおかげで、ステルスの緊迫感も高まるというものです。


▲周囲の環境を自動的に利用する緊迫した格闘戦も見どころの一つ。 壁に押し付けて殴ったり、逆に迫れれたりする動作の変化がリアルを感じさせ、視点が近くなることで、より臨場感を感じられます。


▲物を投げて音でおびき寄せるといったことも可。


拾った素材を組み合わせることで物資を作り出す"工作"は体験版でも可能で、アルコールと布きれを組み合わせる「治療キット」。 ハサミとテープなどを組み合わせる「ナイフ」。 ハサミとテープを組み合わせて「打撃武器の強化」の3つが用意されていました。 工作中でもリアルタイムに時間が進むというこだわりを感じられるシステムです。 余談ですけど「ナイフ」を消費することで鍵の掛かった扉を開ける使い方も確認できました。



グラフィックは現行機トップクラス。 操作性は『バイオハザード』のようなクイックターンや、一部特殊なところもありますが、慣れれば問題ないレベルだと思います。 15分くらいで終わってしまう短い体験版でしたが、本作ならではを感じさせられるとともに、製品版への期待も高まりました。 製品版は買い決定ですよ!


関連記事

この記事へのコメント

- 名無し - 2013年06月14日 01:26:49

参考になりました

-    - 2013年06月14日 20:53:36

規制のほどはどれほどでしょうか?

- さかな - 2013年06月15日 08:12:33

自分も体験版やりました。
規制については特に分かりませんでしたが、体験会か何かでメーカーの担当者に聞いたら、「やや表現がマイルドになってる」と返事があったとのことですので、無規制ではないみたいです。

体験版では日本語音声、英語音声両方やってみましたが、意外にも日本語音声の方がしっくりきました。
吹き替えのクオリティは凄く高いと思います。

ゲーム内容は、手に汗握る緊張感(怖かった)、自由に考えられるクラフトが凄く楽しかったです。

特に相手が複数だと仲間を呼ばれて圧倒的に不利になるので、マジで焦ります。

これは絶対に買います。というかすぐに予約しました。オススメです。

キャラ整形ヴァニラだよぉ~ - キャラ整形ヴァニラ - 2013年06月16日 00:58:39

まじかぁ\(◎o◎)/!

- 無名さん - 2013年06月16日 18:20:32

あなたは宣伝かなんかで、規制について一切口外しないようにしてるのでしょうか?

ラスアス日本版規制内容

・ランナー(半人間)及びクリッカー(ゾンビ)共に欠損表現カット。
・破裂音カットの為、敵をキルしたか判断が難しくなっている。

日本体験版
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4271418.gif
海外版(グロ注意)
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org4271421.gif

SCEから規制内容の告知はありませんでした。


「気になった国内/海外ゲーム情報、ゲーム日記ナドナドなゲームブログです ヽ(・ω・ )ノ」なんて言うぐらいだから、ビックタイトルである海外版ラスアスの頭部破壊表現があるのは知ってて当然のはず。なのに一切そこに触れてないことに関して私は違和感を感じました。

- そん - 2013年06月17日 01:48:00

公式発表がないんだから、具体的な規制について知らないのは普通でしょ。
それはいちゃもんというヤツですよ。

それに貴方が指摘した動画は、個人がアップしたもの。
それをさも公式発表かのように取り上げる方が疑問です。
そんなものは、各自が自己責任で利用すればいいんですよ。

- 名無しのさん - 2013年06月17日 04:29:11

まずこの記事の更新時間を見るべきだと思いますよ
コメントが午前1時についてますが、海外版の発売日は14日でその時間にはまだ発売されていないため海外版の仕様を知ることは不可能です

- 名無し - 2013年06月18日 04:21:51

規制に関してなぜこのブログの方が責められるのか訳が分からない。
ソニーからお金でも貰ってるんじゃないの?とでも言いたいのですか?
あなたこそ何故にそんな敵視した言い方をするのでしょう?
そちらの方がよっぽど不自然だと思いますが?

- 無名さん - 2013年06月18日 06:03:20

今のこのタイトルを叩きたい奴にとっての材料が規制しかないみたいよ

- さかな - 2013年06月18日 08:30:00

ローカライズ担当者の方が、twitterで規制について語っています。https://mobile.twitter.com/Aratar_3D

暴力表現については、クリエイターの意思を最大限尊重しつつ、日本で発売できるようにした。
何とかキャラクターやストーリー設定に変更を入れずに済んだとのことです。

規制は確かに残念ですが、日本にはCEROという審査機関がある以上、ある程度は仕方ないのかもしれません。

何にしろ、ゲーム内容が破壊されるような変更が無くて良かったです。
発売まであと少し。楽しみですね!

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。