スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『THE LAST OF US(ラスト・オブ・アス)』 *2 マルチプレイ


『THE LAST OF US(ラスト・オブ・アス)』のオンラインマルチプレイモードを遊んでみた感想ですよ!


最大8人までに対応したマルチプレイは、「資源争奪戦」と「生き残り戦」という二つの対戦式のルールが用意されており、中でも特徴的なのは、プレイの結果により物資を獲得し、現在の人口に対しての一日に必要な物資が必要数以上ならば人口が増え、足りなければ飢えや病気の者が発生し、人口が減っていくマルチプレイ用のシステムですかね。 ゲーム内で12週間後の武器の到着まで生き延びることが目標となっており、たびたび発生する選択式のミッションの結果によっても生存者は増減しちゃいます。 ちなみに生存者が0人になるとゲームオーバーとなり、日にちが最初の1日目に戻るらしいです。



マルチプレイでもシングルプレイモードと同じ操作感でプレイすることができ、マップに配置された箱から素材を収集し、アイテムを制作することが出来るクラフトも可能です。 実際に遊んでみるとクラフトで制作するアイテムの効率的な使用が一つの強みになるのと、4vs4のチーム戦を意識した行動が重要だと感じましたね。 本作では走ることと銃を撃つ行為は敵のレーダーに察知されてしまうので、基本的にステルス前提で動くことになります。 一撃でキルできるナイフと火炎瓶以外で倒されてしまった場合は味方に蘇生してもらえるので、基本的に単独行動は避けて、チーム四人でまとまって行動することが勝ちに繋がる前提です。 チームプレイの差によって大勝だったり大敗をすることも多いように感じました。

シングルプレイのクラフトや聴覚モードもオンラインで使え、慣れてくるとコソコソ行動しつつ相手を見つけ出す感じが今までにないオンライン対戦でなかなか面白いです。 ゲームを開始するまで少し長いのが気になりますが、アップデート1.02でマップ投票が短くなるらしいので少しはマシになりそう。


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。