スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ゲームショウ2013に行ってきた。



幕張メッセで開催された、東京ゲームショウ2013。 9月21日~22日の一般公開日に行ってきましたよ!

今回のゲームショウの目玉は、やはりPS4やXBOX ONEといった次世代機が出展されることでしょう。 そんな東京ゲームショウ 2013での自分の最大のミッションは、次世代機を試遊すること・・・否! 試遊&視聴することで貰えるオリジナルTシャツをゲットすることだ! ド━(゚Д゚)━ン!! 一つはカプコンブースで出展された日本で10月10日に発売予定の『Grand Theft Auto V』を試遊すると貰える「ロス・サントス」Tシャツ。 そしてベセスダ・ソフトワークスブースで出展された『PSYCHO BREAK』特別シアターを見ると貰えるオリジナルTシャツの二つです。 迎えた一日目で『PSYCHO BREAK』特別シアター。 二日目で『Grand Theft Auto V』を試遊して、無事にオリジナルTシャツを二着ゲットできましたよ! 余は満足じゃ・・・。 っとこれで終了したらあまりにも内容が無いので、以下試遊できた感想などですw

TGS2013.jpg
▲「ロス・サントス」Tシャツ&『PSYCHO BREAK』オリジナルTシャツ

試遊タイトル
 deep down(PS4)
 Wolfenstein: The New Order(PS4)
 RYSE:Son of Rome(XBOX ONE)
 YAIBA:NINJA GAIDEN Z(XBOX360)
 Grand Theft Auto V(PS3) ノベルティ:「ロス・サントス」Tシャツ
 バットマン:アーカム・ビギンズ(PS3)

特別シアター
 『Grand Theft Auto V 』シアター ノベルティ:オリジナル両面ポスター&ロゴステッカー
 『PSYCHO BREAK』特別シアター ノベルティ:オリジナルTシャツ

『deep down』(PS4)
試遊した中ではグラフィック面で断トツに次世代機らしさがあったタイトル。 オブジェクトの質感だったり、エフェクトなどの表現は現行機ではなかなか見られないほどのビジュアルに到達していると感じられます。 試遊時間が五分と非常に短かったのが残念でしたが、スキルのカスタマイズや戦闘など一部のゲームシステムを触ることが出来ました。 アクションは爽快に動かせるというよりは重量を感じさせる挙動で、L2で構えてR1(弱攻撃)やR2(強攻撃)で攻撃するといった感じ。 武器は槍オンリーでしたが、敵との距離感を掴むのが難しかったです(慣れの部分かも)。 スキルには使用回数制限がある模様で、十字キーで選択して△ボタン一つで選択したスキルを使用するといったものでした。 F2Pタイトルということで、PS4購入の際にはプレイしたいと思います。



『Wolfenstein: The New Order』(PS4)
現行機とのマルチだからか? グラフィックは綺麗ではあるんですけど次世代機感は薄かったです。 その代わりフレームレートは安定してヌルヌル動作していたのが印象的。 ゲーム内容的には普通のFPS・・・w PS4でのFPSは、XBOX360同様にトリガー(L2/R2)が構えや射撃となるようです。

PS4のデュアルショック4を実際に触ってみましたが、一番印象的だったのがL2/R2トリガーの改善でした。 カチャカチャと軽い押し心地ではなくなり、置いた際の誤動作も改善されるのではないかという印象。 ド真ん中にあるタッチパッドは、L3/R3のような押せるボタンにもなっており、『deep down』ではマップ表示、『Wolfenstein: The New Order』ではジャーナルの表示となっていました。 持ちやすさも悪くないので、無難に良くなったコントローラーになっていると感じます。

『RYSE:Son of Rome』(XBOX ONE)
Co-opモード「Gladiator」を試遊でき、闘技場において続々と出現する敵を倒していく内容です。 基本的な操作としてはXボタンで弱攻撃(長押して強攻撃)とAボタンで盾による防御(パリィ)が行えます。 ある程度ダメージを与えると敵の頭上にドクロマークが表示されるので、その時にBボタンを押すとスローモーションの演出で豪快に攻撃するフィニッシュムーブが行えました。 アクション面では好印象で、闘技場の雰囲気はいいものです。 完全に海外版だったからか、欠損表現も見られましたね。



『YAIBA:NINJA GAIDEN Z』(XBOX360)
タイトルにNINJA GAIDENと入ってますが、試遊した際に感じたのはやはり別物。 アメコミ風のグラフィックや視点が固定されている、敵がゾンビということも特徴ですね。 ゾンビを攻撃した際に画面が真っ赤になるほど吹き出す血の量が多く、ゾンビを掴んで武器にしたり、ゾンビをオブジェクトに投げて仕掛けを作動し、次のエリアに行くゾンビを利用することが多かったです。 雑魚のゾンビは攻撃ボタンを連打してても倒せましたが、小ボス的なゾンビは、ガードや回避を工夫しないと苦戦するレベルにはありました。



『Grand Theft Auto V』(PS3)
現金輸送車を襲撃するミッションをプレイ。 『レッドデッドリデンプション』のような戦闘システムはだいぶやりやすくなっている印象を受け、警察との戦闘では、三人の主人公をリアルタイムに変えて戦うことが可能となっていました。 なかなかユニークなシステムですね。 ノベルティの「ロス・サントス」Tシャツありがとうございます! (^q^)



『バットマン:アーカム・ビギンズ』(PS3)
一部新しいガジェットが使用できるようになっています。 前作と基本的に同じで、コンボが長く続くと気持ちいいフリーフローコンバットを中心とした戦闘システムは、相変わらず面白い。

『PSYCHO BREAK』特別シアター
雰囲気最高! 特別に編集した映像を見る前に、三上さんが登場しました。 ノベルティのオリジナルTシャツが良い!




とりあえず次世代機を触ることが出来たのは良かったと思います。 心残りといえば『タイタンフォール』や『キルゾーン シャドーフォール』も試遊したかったところでした。 最大の目標であるオリジナルTシャツは手に入れたのでよかったといったところでしょうか!w とても疲れましたが、楽しかったからよかった! 来年もまた参加したいところであります。 (・∀・)
関連記事

この記事へのコメント

- 灯火 - 2013年09月23日 21:41:30

お疲れ様です(^_^)

現世代機とマルチのゲームではクオリティはそこまでではないのかもしれませんね
やはり期待すべきはタイタンフォールやKillzone、インファマス、deep downあたりなのでしょうか

随分と混んでたそうですし、今後も試遊する機会がほしいですね

Re: タイトルなし - ジーク - 2013年09月28日 21:03:30

灯火さん

おつありです。 やっぱ専用ソフトじゃないとイマイチなのかもですね。
インファマスを出展しないのは謎です! 試遊できたら間違いなく再優先だったのに・・・!
なんかイベントで試遊できるチャンスがあるといいんですけどねぇ。

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。