スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Grand Theft Auto V(グランド・セフト・オートV)』 *1 ロスサントス、ナマステ



ついに日本でも発売されたオープンワールド型クライムアクションゲーム『Grand Theft Auto V(グランド・セフト・オートV)』のファーストインプレッションです。



マイケル、フランクリン、トレバーは、違う場所に住み、それぞれが異なる問題や目標を持つプレイ可能な三人の主人公。 そんな三人がストーリーを進めるごとに徐々に関わりが増してくる過程はなかなか興味深い! 少しづつキャラクター達の性格を理解できてくると更に面白くなってきますね。 個人的には三人の中でもっともクレイジーなトレバーに注目しています・・・w


舞台となるロスサントスは、都会では生活感を感じるNPCがあふれ、ちょっと車で走れば自然もあるという自然と人工が共存する魅力的で活気に満ちた街です。 まだプレイ途中ということで、まだ一部のアクティビティーしか遊べていないと思いますが、個人的にオープンワールドゲームの重要なところだと考えている、街の探索をするだけでも楽しいということろは高いレベルにあります! かっこいい走っている車を強引に奪った車やバイクなどの車両をガレージに入れて眺めたり改造したり、発生したミッションを適当にクリアして稼いだお金で服や株の購入や、高い物件を眺めたりと、プレイヤーが適当にやってみたいことをして自由に遊べることが楽しいのです。

テニス


ゴルフ


ハンティング


TV


ミニゲーム的なアクティビティーは、もちろん専用のソフトに比べると劣るかもしれませんが、一定のクオリティにはあると思う。 テレビは字幕が表示されるので楽しめるのも嬉しいですし、意外と面白い番組が放送されているので、普通に見れちゃいますね・・・w 個人的にオススメなのがTV、ぜひ見てみてください。 ここで紹介しているアクティビティは一部で、進行状況によって増えていっていることや、プレイヤーが考えるだけでアクティビティーになりえる事もあると思うので、やれることはまだまだあります。



TPSスタイルの戦闘が『レッド・デッド・リデンプション』とほぼ同じ操作感ということもあって、『GTAIV』よりは圧倒的に操作性が良くなっています。 最初のほうの強盗ミッションは、序盤の大きなミッションとなっており、二つの攻略法が用意され、どちらかをプレイヤーが決めるだけではなく、ミッションに参加させるNPCなども決めることが出来る自由度のアップや、本作から追加されたミッション中に操作するキャラクターを変えることが出来るのも複数の役割をプレイヤー一人が体験できる臨場感という点でもユニークな要素となっています。 ミッションの内容が豊富なのと、お使いでもやらされている感を不思議と感じさせないようにしている配慮もいい感じです。 『レッド・デッド・リデンプション』や『L.A.ノワール』のような時折ランダムで発生する突発的なイベントもまた追加されてますね。

プレイする前に8GもあるHDDインストールはすごいなと思いましたが、ゲームを起動すると始めに発生する長いロードを我慢すれば、ゲーム中は快適にプレイできますよ。 この密度のオープンワールドで、快適性も高いというのは驚くとともに感心します。 ロックスターが創りだした仮想世界で、現実では出来ないであろう非日常的な体験がありますねぇ。 引き続き適当に寄り道しながらプレイしていきたいところ・・・お金がほしいよ!!



関連記事

この記事へのコメント

二重作巡査です。 - 二重作巡査 - 2013年10月17日 18:01:18

二重作巡査です。
更新お疲れ様です。
ブログを拝見いたしました。
また、拝見させていただきます。

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。