スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『BEYOND: Two Souls』 *1 感情を揺さぶられるストーリーと高い没入感が魅力



Quantic Dreamが開発するPS3専用ソフト『BEYOND: Two Souls』の一周目をクリア。 人は選ぶが、感情を揺さぶられるストーリーと高い没入感が魅力的な本作のレビューです。


全体的なグラフィックは現行機でレベルが高く、キャラクターを演じる俳優陣の演技をパフォーマンスキャプチャーで取り込み、顔の細かな表情まで再現するハイレベルな技術が使われていることをプレイしていて実感できる、キャラクターの表情や動きが自然で、違和感を感じさせないレベルの高さは素晴らしい。 シーンに合わせたBGM、魅せ方のうまい演出効果、高品質なビジュアル面によって、プレイヤーをゲームに引き込むQuantic Dreamの手腕を改めて実感しました。



高い没入感を得られる要素はそれだけではありません。 ストーリー中に迫られる選択肢は、主人公ジョディの「人生」にプレイヤーが介入することが出来る要素です。 ジョディの行動やNPCの問いなどの選択は、プレイヤーが干渉することで、ジョディとプレイヤーの感情が同化して物語の中に入り込んだような体験が味わえました。 霊体とコンタクトできる能力を持ったジョディは、特殊な能力のせいで、子供の頃から研究対象とされ、大人に利用されたり、数多くの過酷な体験をしてしまいます。 ストーリーの7割ぐらいは、辛く悲しい展開が続きます。 そんな数奇な物語は多くのことを考えさせられ、感情を揺さぶられました。 最終的にはジョディに幸せになってほしいと思いながらプレイしていましたね・・・w マルチエンディングのため、一つのエンディングしか見てませんけどもストーリーはとても楽しめましたが、時系列を前後しすぎるのが気になりました。 エンディングまで進めれば、時系列をよく前後する理由が分かるんですけどもプレイ途中では少々分かりやすさに影響が出る点だと思います。



あのQuantic Dream開発という点でも既に分かっていたことですが、ゲーム性には乏しいです。 主人公ジョディの他に霊体のエイデンを操作することができるのできます。 ジョディとエイデンは意外と自由に切り替えることは出来ますが、ジョディをサポートすることは、シーンによって決まっていて、プレイヤーの自由にサポートするということでありませんでしたが、二人を切り替えて状況を打破する面白さはありました。 ゲーム性を紹介する上で欠かせないのがQTEの存在。 表示されたボタンを押すという基本的なQTEの他に、スローになったシーンの状況をプレヤーが判断して右スティックを傾けるというQTEが、難易度「コアゲーマー」ではどっちに右スティックを傾けるのが正解なのかが分かりにくいです。 難易度「カジュアルゲーマー」では、矢印が表示されるようですけど、そのかわりエイデンの操作が限定されるので、どちらにするのか悩ましいところ。 まぁQTEは失敗してもゲームオーバーの概念がないので気負いしなくてもいいんですが、できれば成功させたいと思ってしまうモヤモヤがあります・・・w



物語主導型のアドベンチャーで、映像作品にプレイヤーが介入できる作品と捉えたい。 同じ開発元のQuantic DreamがPS3向けに発売した『ヘビーレイン -心軋むとき-』を、楽しめたかどうかが合う合わないの判断材料になると思います。 本作のストーリー、グラフィック、演出、プレイヤーを引き込む没入感は、高いレベルにあると思うので、興味が湧いたらぜひプレイしてみてほしいと思いますが、万人向けではないと言えます。 クリアした後に、自分の選択がこの作品の正式エンディングとして、やり込まずに終了したいとさえ思ってますw ジョディとエイデンの真実は心打たれたなぁ~。

BEYOND : Two Souls (初回生産限定版)BEYOND : Two Souls (初回生産限定版)
PlayStation 3

ソニー・コンピュータエンタテインメント
売り上げランキング : 60

Amazonで詳しく見る
関連記事

この記事へのコメント

- 無名さん - 2013年10月30日 16:19:31

個人的にはラスアスより楽しめましたが、管理人さんはどっちが楽しかったですか?

Re: タイトルなし - ジーク - 2013年10月31日 23:09:15

無名さん

個人的には、『THE LAST OF US』の方が楽しめました。
ストーリーはBEYONDの方がグッとくるものがありましたけど、やっぱ『THE LAST OF US』のアクションが面白かったのが大きいです。
これは、ジャンルの中でアクションが一番好きである自分の好みの問題なんですけども・・・w
でも両方共面白かったのは間違いないですね~!

- 灯火 - 2013年11月01日 21:52:55

今日クリアしたのでようやくジークさんのレビューを読めました(^_^;)

一番最初の画像のシーンはすごく心打たれました
顔の質感はリアルすぎて現実と区別つきませんねw

Re: タイトルなし - ジーク - 2013年11月06日 21:58:26

灯火さん

クリアお疲れ様です!
エイデンの正体を知ったときは、とても感動するとともに納得しちゃいました。
グラフィックは現行機最高レベルで、ハードの限界に近いクオリティなんじゃないかと思ったので、
PS4発売前のこの時期というのは考え深いものがあります!

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。