スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『BATMAN: Arkham Origins(バットマン: アーカム・ビギンズ)』 *1 始まり



シリーズ三作目にして、シリーズの最初を描く『BATMAN: Arkham Origins(バットマン: アーカム・ビギンズ)』をプレイ中。 ある程度進められたので、ここまでのプレイレポートでも!





ゴッサム警察もバットマンの存在を認識しておらず、悪党はもちろん、ゴッサム警察との戦闘にもなるダークナイト始まりの物語として、シリーズ原点の話が描かれる! メインヴィランであるブラックマスクに多額の懸賞金を懸けられてしまい、一夜のうちにデスストロークら8人の暗殺者に命を狙われることになったバットマン。 8人の暗殺者はもちろんのこと、それ以外にも強烈な個性を放つヴィランとの戦いは面白いですね~。 全ての暗殺者と戦ったわけではないですけども、敵だけどカッコイイと思える良い演出効果によって、ヴィランが輝いております。 敵が魅力的でないと遂に登場したボス戦もイマイチ盛り上がれないと思いますし! 原作を知っていたほうがより楽しめるのではないかと思うところもありますが、本作はキャラクター情報を表示するデータベースが、なかなか充実しているので、原作に詳しくなくても問題なく楽しめるはずです。 実際、バットマンは映画で見るぐらいの自分もシリーズのファンとなっております。


このシリーズ伝統のフリーフローコンバット。 基本的なシステムは同じで、ガジェットや戦闘ツール、敵のパターンが少し追加されている感じですが、相変わらず面白い近接格闘戦が味わえます。 本作で追加された"ショックグローブ"は、コンボ倍率の急上昇と視覚や聴覚的な効果で、戦闘にさらなる爽快感のアップをもたらしてくれます。 さらに作動することでアーマー、シールド、武器類の防御を突破できる効果もあって非常に良い戦闘用ツールですねぇ! 前作のラインランチャーのバージョンアップ版といえる"リモートクロー"。 2つのオブジェクトや敵をターゲットにしてロープを貼り付けられる、なかなかユニークなガジェットが追加されました。

捜査モード

前作にもありましたが、本作からリニューアルされ、犯行現場の状況、DNA、証拠などの手がかりをスキャンし、事件発生現場で起こったことをシュミレート出来る。 ホログラムで再現されたシュミレートは早送りや巻き戻しを行い、現場で何が起こったのかを暴くことができます。 捜査モードから始まるミッションも存在し、本作で進化した要素の一つとなっております。

ダークナイト・システム

戦闘で特定の条件を達成するチャレンジ項目的なもの。 「シャドウ・ヴィジランテ」「ゴッサム・プロテクター」「ワースト・ナイトメア」の3つの中にそれぞれ15項目用意されているんですけども、「ワースト・ナイトメア」にあるランク6テイクダウン・バリエーションのハンキング・レッジ・テイクダウンが出せなくて困ってますよ! 他のテイクダウン狙うのにも条件が揃っていないとダメなので、なかなか達成できませんw 条件が揃っていないと達成できないのが多いので、決められた順番にやらないといけない仕様ではなく、どれからでも達成できるような仕様にして欲しかった。 なかなか進められずにストレスに感じる原因になるかと。

動き出すジョーカー

『バットマン:アーカム・アサイラム』、『バットマン:アーカムシティ』にも登場し、その存在感を示してきたジョーカー。 今後バットマンにとって最大の仇敵となるジョーカーの存在がバットマンに初めて認識される『バットマン:アーカム・ビギンズ』は、それぞれの思惑と個性的なキャラクターが登場し、本作のドラマを盛り立てるストーリー展開も先が気になる面白さ。 本作がシリーズの時系列的に最初の物語ということで、今後の展開がどのように繋がっていくかも期待。 一作目から二作目への大きな進化ほどではなく、二作目のバージョンアップと言う印象なんですけど、安定して面白いんですよねぇ~。

バットマン:アーカム・ツインパックバットマン:アーカム・ツインパック
PlayStation 3

ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
売り上げランキング : 266

Amazonで詳しく見る

バットマン:アーカム・ビギンズバットマン:アーカム・ビギンズ
PlayStation 3

ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
売り上げランキング : 410

Amazonで詳しく見る
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。