スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Diablo III(ディアブロ 3)』 *1 通過点



ハック&スラッシュのスタイルを持つ、アクションRPG『Diablo III(ディアブロ 3)』。 本作がシリーズ初プレイとなり、「ノーマル」モード(一周目)をクリアしたので、これまでの感想などです。

デーモン・ハンター

弓が使えそうなクラスを選択したかったので、選択したクラスは"デーモン・ハンター"。 弓やクロスボウといった遠距離武器を扱い、敵の自由を奪うスキルも特徴的な反面、遠距離攻撃に特化しているため、近接武器の扱いは苦手なクラスです。 スキル的には、罠やタレットの設置、ペットの召喚、強力な遠距離攻撃、 一定時間姿を隠す、アクロバティックな回避スキルなどが揃い、テクニカルなローグ系のクラスが好きなら"デーモン・ハンター"が良いかもしれません。 武器は弓と矢筒、両手にハンド・クロスボウを持つ二刀流の二種類を、ちょこちょこ変えて併用していました。 他のクラスの装備がドロップすることもあるので、他のクラスに浮気したくなりますw "デーモン・ハンター"の次に気になっていた、"ウィッチドクター"を使ってみたいですねぇ。

「ノーマル」モード、クリア時点でのレベルは32。 いつもマップを隅々まで探索してのレベルなんですが、「ノーマル」モードで、難易度がミディアムでは苦戦したところはほぼなかったです。 ストーリーを楽しむために、ほぼオフラインでクリアしました。 何故かと言うと、一度、野良のオンライン協力プレイをやったのですが、他のプレイヤーに、会話を飛ばされてしまうので、一周目はオフラインで楽しむべきかもと思ったからですw 細かい点で理解が難しいこともありましたが、大筋のストーリーは分かったので、「ナイトメア」からの二周目は、オンライン協力プレイをさらに楽しみたいところです。



周回プレイ前提のゲームデザイン

エンディングまでクリアすることで、次のゲームモードへと移行し、初めからプレイする仕様となっており、「ノーマル → ナイトメア → ヘル → インフェルノ」の順でゲームモードが変化していきます。 ゲームモードによって、ドロップするアイテムの追加や、さまざまなシステム関連の追加要素が存在しているようです。 これらの要素以外にも、周回プレイにおいてのストレスを感じさせないよう、全体的にシンプルにしていることが、プレイしていて、すごく感じた点です。 NPCとの会話を殆どスキップできますし、ムービーがかなり少なく、章ごとの移り変わりにプリレンダムービーが決まって挟まれる他は、章ごとに一箇所づつ短いムービーがあるぐらいだった思います。 本作の特徴の一つであるランダム生成のマップも、周回プレイ時に少しでも新鮮味を感じられるようにしている機能だと思いますし、全体的なロードも短く快適にプレイできる点もストレスを感じません。


周回プレイを苦にしない、もう一つの重要な事が戦闘面。 各ボタンにスキルを割り当てて、使用したいスキルのボタンを押す、非常にシンプルな操作性を実現しています。 右スティックでの回避アクションは、コンソール版の追加要素らしいですが、直感的に回避することができるでしょう。 戦闘のテンポも良く、サクサク進められるので、もうちょっと・・・もうちょっと、と進んでしまい、止め時が難しいほどでした。 最初はかなり地味ですが、スキルが揃ってくると、わらわらと出現する敵を一掃する爽快感もあります。

一周目時点での総評

ストーリーより、戦闘を繰り返してドロップした貴重なレアアイテムの入手。 レベルアップや強力な装備によって徐々に強くなっていくキャラクターで、より強い敵を倒し、次のモードへの挑戦! といった、ハック&スラッシュ要素を楽しめるかどうかが、本作の評価に大きく影響することは間違いないです。 過去にハック&スラッシュ系のRPGをプレイした覚えがないですが、レアアイテムのドロップで喜び、より強力な装備でキャラクターを強化していくハック&スラッシュ要素を楽しめています。 と言っても、記事を書くにあたっていろいろ調べましたが、「ノーマル」モードのクリアなんて、本作にとっては小さな通過点にすぎません・・・w ということは、まだまだやり込むことができる!ということなので、引き続き上位のゲームモードへ挑戦したいところ。 周回プレイをする際に感じる煩わしさというものを、極力排除していることを、一周目で感じさせてくれたので、モチベーションはまだまだありますね! それと、ローカライズもいい感じです!

ディアブロIIIディアブロIII
PlayStation 3

スクウェア・エニックス
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。