スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Bloodborne(ブラッドボーン)』 Bloodborne(プラチナ)



『Bloodborn(ブラッドボーン)』のプラチナ取れましたよ! 一周目は適当にプレイして、二周目は一周目で回収していなかった"狩人の武器"や"特殊な狩道具"といった収集物関連を回収していったという感じで、プラチナまでの総プレイ時間は60時間でした。 マルチエンディングとなっている本作で取ることができる各エンディングのトロフィーは、二周目のラスボス前のセーブデータをオンラインストレージにアップロードして、別のエンディングを観た後にオンラインストレージにあるラスボス前のセーブデータをダウンロードして別のエンディングを観るという感じで取れたので、二周目でプラチナトロフィーを取れました。 オンラインストレージを利用すれば一周目でもプラチナを取ることは可能ですが、自分は最後に残った聖杯ダンジョンが関わるトロフィーが一番苦労した気がします・・・w



聖杯ダンジョンとはマップの自動生成システムが存在するダンジョンで、聖杯ダンジョンをプレイしなくても本編のクリアには問題のないのですが、プラチナトロフィーを獲得するためには攻略しなければならないものとなっております。 聖杯ダンジョンにしか登場しないボスも存在し戦いにおいて新鮮味を感じられるところがあって最初は楽しみながら攻略していましたが、あまり代わり映えのない同じような構造のマップしかないので徐々に作業感を強く感じるようになってしまい、宝箱から得られるアイテムも聖杯ダンジョンを生成するための素材が多いので少し面倒ながらもプラチナ取れるところまでは頑張って攻略しました。 それとダンジョン攻略よりレッドゼリーが中々手に入らなかったのがストレスだったかなぁ~w

一周目クリア時のレベルが91で、二周目攻略中にレベル120で止めてそのまま聖杯ダンジョンを攻略した感じです。 ステータスは体力、持久力、技術に特化しており、"葬送の刃"も新たに良く使った武器です。 プラチナ取るために攻略することなる聖杯ダンジョンの中でも一番面倒だったのが「冒涜の聖杯」によって生成される呪われたトゥメルの冒涜。 呪われたトゥメルの冒涜は最大HPが半分となってしまうダンジョンで、特にボスともなると1,2発の攻撃に耐えられることはありますが特定の攻撃によっては即死してしまうパターンもあって、とても緊張感のある戦いでした・・・w 旧主の番犬は噛み付きを誘発させて"葬送の刃"を変形させてL2ボタンでチマチマ攻撃。 アメンドーズは叩き攻撃後の頭が低い位置にきたらダッシュ攻撃という感じで、どちらもパターン化する感じで倒せました。 最後となったトゥメル=イルは呪われたトゥメルの冒涜に比べれば簡単だったかなという感じで、プラチナまでに至る最大の難関は呪われたトゥメルの冒涜を攻略することだったかなと思います。



聖杯ダンジョンはまだまだやり込めますけども攻略の報酬がイマイチということもあって、まだまだやり込みたいとは思わないですし、なんとかプラチナも取れて一区切りという感じなので、この辺で『Bloodborn(ブラッドボーン)』を終了していいかなと! 16日に遂に『DYING LIGHT(ダイイングライト)』が発売ということで、そっちに移行したいと思いますw

Bloodborne 初回限定版Bloodborne 初回限定版
PlayStation 4

ソニー・コンピュータエンタテインメント
売り上げランキング : 22

Amazonで詳しく見る
関連記事

この記事へのコメント

- うにもぐ - 2015年04月23日 21:46:44

プラチナおめでとぅす。
おらーいまだにラスボスにぼこられて、強化半分逃避半分
聖杯ダンジョンを徘徊ですわい。
下手したらウィッチャー3までブラボンとPS+フリープレイで
行ける気がしてきた…。
ダイイングライトも気になってるんで、インプレ記事楽しみにしてやす。

Re: タイトルなし - ジーク - 2015年05月02日 20:36:38

うにもぐさん

ありがとうございます!
ラスボスなかなか強いですからねぇ~、勝利を祈っていますよ!!
インプレ書こうかなと思ってたんですけど、なんやかんや先延ばしにしてたら書くタイミング逃しちゃったのでレビュー記事1つになっちゃいました・・・w

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。