スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のお買い物: 『バットマン:アーカム・ナイト』

BE THE BATMAN

7月16日、本日のお買い物は、日本ではワーナーからPS4専用で発売された『バットマン:アーカム・ナイト』。 特典としてリングノートをもらいました。 開発を手がけてきたRocksteadyによる"バットマン:アーカム"シリーズ三部作の完結編! 前作までPS3/XBOX360で発売されてきたシリーズが、完結編に相応しいクオリティを引き出すために新世代機専用として開発したことで、グラフィックの向上はもちろんのこと、前作の5倍の広さを持つオープンワールド、フリーフローコンバットの進化、ファン待望のバットモービルが登場と、まさに究極のバットマン体験という魅力的な進化を遂げた完結作がつい日本で発売を迎えました! シリーズ初の日本語音声完全収録ということですが、DLCでは英語音声、日本語字幕仕様となる残念仕様。 やるのなら徹底的にやってほしいと思うところであります。



リアルタイムでシリーズを全作プレイしているので、発売前から非常に楽しみにしていた本作! キャラクターゲームとは思えないほどのクオリティを誇るシリーズとなっており、特にRocksteadyが開発を担当した『バットマン:アーカム・アサイラム』、『バットマン:アーカム・シティ』はとても楽しめました! 開発元が違っていた『バットマン:アーカム・ビギンズ』も面白かったんですけど、『バットマン:アーカム・シティ』がこれまでのシリーズで一番面白かったなという印象です。
自分は映画で観るくらいしかバットマンの知識はありませんが、これまでのシリーズは非常に楽しめました。 原作をより深く知っていたほうがより楽しめると思いますが、魅力的なヴィラン達のデータベースも豊富なので、ある程度の補完が可能だったのが嬉しかったです。 何よりゲームとしての完成度が高く、特にアクション部分を担っているフリーフローコンバットは当時としても衝撃的で、一種の近接格闘アクションの完成形だと思っています。 究極のキャラクターゲームと言っても過言ではなく、まさに自分がバットマンになりきれるバットマン体験というのが非常に大きなポイントですね。
そして、ついに完結編ということで新世代機専用として開発されており、発表当初はそのクオリティに再び驚かされた本作がついにプレイできるのは非常に嬉しく、究極のバットマン体験を思う存分楽しみたい!

関連記事

この記事へのコメント

- うにもぐ - 2015年07月16日 21:21:13

俺も購入しやんした。リングノートが同じく付いてたけど、あれれ
デザインが違う。
自分のは緑の背景でバットマンがヨッシャーと跳躍してる奴でした。
確かに言語ローカライズに関して残念な部分はあるけど楽しみですな。
とりあえずゴジラVSをある程度遊んでゆっくりプレイしたい。
思えばキャラゲー2本買い。

Re: タイトルなし - ジーク - 2015年07月20日 14:01:52

うにもぐさん

違うデザインがあるのは知りませんでいた! もしかしたら買ったところが違うのかもしれませんね。
最近キャラゲーの発売が多い気がしますね~。海外ではマッドマックスのゲーム版も発売しますし!

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。