スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』 オープンワールド、新たなステルスアクション、新世代メタルギアは面白い!



この記事を書いている時点ではEpisode 20までクリアしての総プレイ時間が約45時間・・・、まだ長くなりそうなので、この時点での感想です。
ストーリー的には、まだまだ先が見えないといった感じで、そのボリュームに驚かされるばかりですが、とても楽しんでプレイしています!! 本作はシリーズ初のオープンワールドを採用していますが、メインミッションは基本的にミッション選択式になっており、メインミッションではオープンワールドの一部のエリアに制限することで、オープンワールドゲームに感じてしまう移動の煩わしさというものをメインミッション中には感じさせないようになっています。 しかし、制限されているエリア内でも十分に広く感じますし、選択する潜入方法はプレイヤーごとに違ってくるであろう潜入方法の自由度の高さを感じさせてくれます。 オープンワールドにもいいところや悪いところはありますが、MGSのストーリー性の高さや発生するイベントも考えると、この辺のバランスは好印象!
そして、これまでのシリーズより敵の視野が良くなったことをプレイしていて実感できます。 発見されたら応援を呼ばれて敵がガンガン集まってきますし、これまでよりも難易度が高いのは間違いないでしょう! しかし、難しいからこそ敵に見つからないように周囲を警戒する緊張感や、高いやりごたえを感じさせる新しいステルスアクションはとても面白いです。




さまざまな効果を起こす豊富なアイテムの中からミッションに持ち出すものを選択し、ミッション中のさまざまな状況にあわせて効果的にアイテムを使用する自由な戦略とプレイヤーの発想次第では、潜入がより面白くなることは間違いなく、試行錯誤し発想や戦略を変えてみることで、完璧に近いほどの成果でミッションを成功させた時の喜びと達成感は格別!
ミッションにはバディという相棒を連れていける新システムがあり、数種類のキャラクターが用意されています。 これもまた特徴の違うバディを連れていくことによって異なる戦略でミッション攻略を目指すことが出来るようになります。 自分のスタイルだとノーキルノーアラートを目指していつもミッションをプレイしているため、最初はDDの使い勝手が良くてクワイエットは使いづらいなと思っていたんですが、クワイエットの親密度を上げると非常に優秀なバディに化けますね・・・w 親密度80で開放されるサプレッサー付き非殺傷スナイパーライフルを装備させれば銃声で気づかれる心配もなく、敵を殺さずに無力化することで、フルトン回収やステルス潜入も捗ってしまう・・・、チート級の優秀なバディの誕生です!
他のバディもそれぞれ特徴的な能力を持っていますし、親密度を上げて新たな装備を開発していくことで、新たな指示が可能になるので、どんなミッションでも対応できるよう全てのバディの親密度を上げておきたいところです。 しかし、子犬の頃のDDは可愛かったなぁ・・・。




メインクエストをクリアしていくだけならもっとクリア率が高くてもおかしくはないんですけども、随時追加されていく"SIDEOPS"もクリアしているので、総プレイ時間に対するメインクエストの進行が遅れている感じです。 メインミッションに比べると作業的かつ簡単な内容をこなすことになる"SIDEOPS"なんですけども、やっぱりどんどん増えていくのでクリアしないと気が済まなくなってしまうんですよね・・・w それにやりごたえ的にも高い"SIDEOPS"があったりするので作業的になりやすいですけど、なんやかんやで楽しめてしまう感じです。
ちなみに広大なオープンワールドを自由に探索することが出来る"フリーミッション"で"SIDEOPS"を進めているんですが、移動が面倒に感じてしまいます。 自分は発見するのがだいぶ遅れてしまい、無駄な移動に時間をかけてしまったと感じる点なんですけど、配送所の送り状を取っておくことで瞬間移動が可能になり、移動がかなり楽になるので初めての場所では配送所を探すことをオススメ。 マップを見ると名前や小さなマークがある大きめの拠点には、配送所がほぼあると思われます。


マザーベースを拡張する要素もまた面白いですね。 兵士、動物、車輛、兵器、コンテナ等をフルトンで回収し、資源やGMPを消費してマザーベースをどんどん拡張していくことで、武器やアイテム開発をはじめ、様々なサポートが充実していく、本作の大きな要素となっております。 これは『MGS:PW』でもありましたが、まさにアレを更にパワーアップさせたもので、少しづつ大きくなっていく自分のマザーベースは、プレイヤー自らがフルトン回収によって拡張させてきた証となって現れてくるというのがまた拡張を頑張れるモチベーションとなり得ています。 ミッション中には兵士を無力化し能力の高い兵士をフルトンで回収することはもちろんのこと、案外忘れがちなのは資源コンテナの回収ですね。 ある程度拡張を進めていると資源が枯渇しマザーベースの拡張に支障をきたすので、資源コンテナを発見したらGMPの消費をケチケチせず、こまめにフルトン回収することが必要です!
ちなみに、オンライン要素として用意されている前線基地(FOB)は未だに開放されていません・・・w


前線基地(FOB)が未だに開放されていないことや、まだまだ遊び尽くせないほどのコンテンツ量に嬉しい悲鳴!ストーリー的にもまだまだ謎が多く続きがとても気になってしまうシナリオの魅力も健在。 メインミッションだけをクリアしてさっさとクリアを目指すことも出来るんですけども、じっくりと遊びたいと思ってしまう高い魅力があるのは間違いなく、さっさとクリアしてしまうのは非常に勿体無いと感じております・・・w まだクリアまで何時間かかるかの想像できないですが、腰を据えてじっくりと堪能することが出来る、この大作エンターテイメントを楽しみたいところです。 しかし、完全ステルス非殺傷を多く達成することで得られるFOXHOUNDの称号は遠い・・・。

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。