スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のお買い物: 『MAD MAX(マッドマックス)』

お前のMADが目を覚ます。

10月1日、本日のお買い物はPS4/XBOX ONE向けに発売された、カーアクションアドベンチャー『MAD MAX(マッドマックス)』。 モチーフとなった映画を知っている方も多いと思いますが、新世代機専用ソフトとして映画「マッドマックス」をベースとしたゲームが発売されました! 2015年6月20日にシリーズ四作目となる「MAD MAX: Fury Road(マッドマックス 怒りのデス・ロード)」が日本で公開され、興奮冷めやらぬ内にゲームが遊べてしまう・・・まさに今年はマッドマックスの年と言っていいでしょう!
このゲーム版『MAD MAX(マッドマックス)』は、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の世界観をベースとしたオリジナルのストーリーが描かれ、プレイヤーはマックスとなり、文明社会が荒廃してしまった過酷な世界をカスタマイズした愛車とともに生き延びるオープンワールドアドベンチャーです。 日本語版には表現の規制がされており、過激な表現がまた魅力な作品なので残念ですけど、まぁしょうがないと思いつつプレイすることにします・・・w

日本語版における海外版との差異について
 ・血しぶきの量を低減、血液の色味には変更なし
 ・部位欠損など、特に残酷描写がされている死体を削除
 ・部位欠損部分の切断面を暗色に変更
 ・暴力的な表現を含むムービー内の1シーンを削除




劇場で観賞する前に予習ということで三部作を観た後、「MAD MAX: Fury Road(マッドマックス 怒りのデス・ロード)」を劇場で観てきましたが、今年観た映画の中で一番面白かったですね~。 ストーリーはあってないようなものなんですけど、なんといってもこの世界観が最高で、ぶっ飛んだ衣装や車のデザインはもちろんのこと、火を噴くギターには強烈な印象を与えてくれましたw 内容のほとんどがカーアクションだったんですが、ほとんどCGを使っていないとされるアクションの見応えが半端無くて、スピード感あふれるカーアクションのクラッシュシーンは本当に死人が出たのではないかと思ってしまうほどの迫力・・・! 最後まで続く怒涛のアクションの連続は、身の内から疼いてくるアドレナリンと圧巻の臨場感によって、最後まで力が抜けない興奮を味わうことができる最高にMADな映画でした。 もうすっかりマッドマックスのファンになりまして、次回作にも期待しております・・・!
あまり映画の円盤は買わないんですけど、10月21日には、BD&DVDの発売やレンタルが開始されるので、BDを買って再びあの過酷な世界を楽しみたいと思わせてくれるエンターテイメント作品です! 劇場で観れなかった人には、レンタルでもいいのでぜひ観てほしいなと思います。 そしてゲームへ・・・。

関連記事

この記事へのコメント

- 名無しさん@ニュース2ch - 2015年10月02日 20:09:54

オンラインがあればなぁ

- 名無しさん(笑)@nw2 - 2015年10月03日 11:37:00

ゲームの感想や具合が知りたくて来たら映画デスロードの感想しか書いてなくてワロタ

- うにもぐ - 2015年10月04日 20:57:18

俺もかいやんしたん。でもってブルーレイも予約済み。
ゲームはバットマンの方がよほど凝ってるけど、こっちのがしっくり
来る不思議。めっちゃたーのすぃー。

Re: タイトルなし - ジーク - 2015年10月11日 17:17:15

名無しさん@ニュース2chさん

ウォッチドッグスやGTAVみたいなオンラインフリーロームが合いそうですねぇ!


名無しさん(笑)@nw2さん

映画が面白くてゲーム買った報告とともに感想を書こうと決めていましたw
正直、映画が面白かったということを言いたかっただけです!w


うにもぐさん

格闘戦はバットマンの方がもちろん完成度が高いんですが、マッドマックスはカーアクションが面白いですね。
それにグラフィックや世界観の表現も素晴らしいと思います! 自分も楽しめてますねぇ!!

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。