スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヴァンキッシュ』先行体験会 "code:VANQUISH 0807" に参加してきました



東京都港区のTABLOIDで行われた2010年10月21日に発売予定のPS3/XBOX360用ハイスピードTPS

『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』の先行体験会"code:VANQUISH 0807"に参加してきました! 

ちなみにPS3版の方のデモを体験 Σd(゚Д゚ )
レーザー光線が飛び交い、若干薄暗い中での体験会は
1.操作説明  2.実際に体験(30分) 3.最新トレイラーと三上氏のビデオメッセージ という構成
参加者は簡単な説明を受けたのちに一人30分ほどプレイ時間を与えられデモをプレイすることが出来た

操作方法は以下の通りだったと思われる

PS3版
 L2:ブースト / R2:リロード、武器やアイテム回収 / L1:狙いを定める、ARモード / R1:ショット 
 □:カバー / ○:近接攻撃 / △:グレネード / ×+アナログスティック:回避
 十字キー:武器切り替え / R3:スナイパーライフルのスコープ倍率変更(2段階)

XBOX360版
 LT:狙いを定める、ARモード / RT:ショット / LB:ブースト / RB:リロード 
 X:カバー / B:近接攻撃 / Y:グレネード / A+アナログスティック:回避
 十字キー:武器切り替え / 右スティック押し込み:スナイパーライフルのスコープ倍率変更(2段階)

クセはあるが特にやりにくいとは感じなかった。慣れれば問題ないレベルだと思う

 


難易度の選択も可能で"CASUA MODE" "NORMAL MODE"の2種類が用意されていた

"NORMAL MODE"でいざ開始! デモはトレイラーでも見た事ある開けた場所での雑魚戦と大型のボス戦

雑魚戦は全体的な難易度は低くなっておりカバーしつつ撃っていればクリアは可能に感じる
アップグレードアイテム、スナイパーライフルが落ちているのを確認した
出現する中型ロボは乗っている雑魚を倒せば奪って使うことが出来る

ボスであるロシア軍の巨大ボス"アルゴス"は2段階に変形。まず4脚でコアが常時露出型
露出している小さなコアは攻撃可能だがボスは動いてしまうので狙いが定まりにくいので
関節部の黄色に光っている部分を攻撃し破壊すると一時的に動きを止めることが可能
動きを止めた後に設置型の銃座や手持ちの武器で攻撃といった攻略法

4脚型を倒すと人型2脚型に変形する。これも基本は同じだがコアは隠れた状態になっている
関節部や頭を破壊するとコアが露出され、一時的に動かなくなるのでそこを攻撃するの繰り返し
大型のレーザー砲はかなり脅威で当たると即死してしまう。これで何回か死んでしまった
この2脚型は攻撃が非常に激しくカバーしてても攻撃を受けたりしてかなり厳しい
遮蔽物も壊れたりするので高速で移動が出来るブーストは回避等に非常に重宝した

この最後に登場する大型のボスを倒し"code:VANQUISH 0807"で用意されたデモは終了

30分間の間は何度ゲームオーバーになろうがクリアしようが繰り返しプレイできたのはうれしい

他に気づいたことを箇条書きにしてみました
 ・近接攻撃は大ダメージを与えられるがパワーゲージを大幅に消費し一発でオーバーヒートしてしまう
   なので連続して使用することは出来ず近接攻撃でのゴリ押しは不可能
 ・カバーアクション中にL2でヘルメットを解除しタバコを吸うというアクションができた(効果不明)
 ・オプションでカメラのリバースや感度、字幕の有り無し、等多くの項目が見られた
 ・言語は6種類確認。音声、字幕、インターフェースをそれぞれ独立して選択可能みたい
   日本語、英語、イタリア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語(情報提供:PS3 DOMINATERさん)
 ・瀕死状態の見方に近づき治療してあげると銃弾を得ることが出来た
 ・PS3版、XBOX360版どちらも処理落ちは感じなかった

 

時間の流れを遅くするARモードはこんな時に使えました
 ・敵の攻撃を受け瀕死状態の時に自動で起動する
   瀕死状態だがあえて敵殲滅に利用するもよし、物陰に隠れるもよしの決断を迫られるようだ
 ・ブースト使用中にARモードを使用可能。ブーストで滑りながら撃ちまくることが出来る
 ・遮蔽物にカバーした状態から低い遮蔽物を乗り越えてのARモード
 ・その他にも近接攻撃の後ARモードを使用して銃で追撃なんかも可能のようだ

"ARモード"と"ブースト"はパワーゲージを使用するアクションなのでゲージに注意したい
全部使い切るとオーバーヒートを起こし一定時間使えなくなるので少し残すことを心がけたいところ
少しでも残せばオーバーヒートにはならず自動でパワーゲージが回復する
ちなみにパワーゲージは右下の武器が割り振られているUIの下の緑ゲージ

初プレイで3回ぐらいゲームオーバーになりながらも段々とコツを掴んでいきボスを倒せた達成感
30分と言う短い間であったが徐々にブーストやARモードの使用どころが分かってきて
キビキビとした動きが出来るようになっていきこのゲームの特徴であるハイスピードを味わえた
このゲームの核であろう"ブースト"や"ARモード"のおかげで今までにない魅力の詰まったTPSになっている
敵がロボットということでゴア表現が苦手な方でも問題はない

雑魚戦ならこのブーストやARモードを使用しなくても遮蔽物に隠れつつ撃っていれば攻略は可能である
しかし!やはり慣れてくるとかっこよく敵を殲滅したいと感じてくるもの
スタイリッシュに決めるのならばARモードを使用して一気に殲滅した方が凄く快感だし
ブーストで接近し近接攻撃で決めるアクションの派手さもすごく爽快で自分に"酔える"と思う!

1週目をクリアし2週目に挑んで進めていたところで決められた30分は終了
少しずつコツを掴んだところで終了だったのでもうちょっとやりたかったが製品版を楽しみにしたい
最後に最新トレイラーと三上氏のビデオレターが流れたが最新トレイラーはこれの日本語版でした



帰りの際にお土産でオリジナルの電子タバコとタグ?を貰いましたー
電子タバコは主人公のサムがタバコ吸っているからなのかな~w

【おまけ】
    

会場にて飾られていた「Augmented Reaction Suit System」通称【ARS】クール! (*´ェ`*)

結論:個人的に買い!
関連記事

この記事へのコメント

- 灯火 - 2010年08月09日 21:43:14

お疲れさまです!
おもしろそうですね~。高速移動で弾を避けながら敵を倒す爽快感はすごそう(^_^)
でも少し難しそうな感じもします。いろいろと配慮されてるみたいですが、FPSが苦手な私でも大丈夫でしょうか?

- 灯火 - 2010年08月09日 21:45:47

連続コメントすいません(^^;)
ARモードの解説の2行目で「瀕死状態のと時に」になってますよ。

Re: タイトルなし - ジーク - 2010年08月10日 20:37:41

灯火さん

ご指摘どうもですー。修正しました
ありがとうございます! 体験したらすごくおもしろかったです!
慣れてくるとスタイリッシュに倒せて爽快感も味わえますよー
シューター苦手な人でも難易度とアシストがある"カジュアルモード"が用意されているので大丈夫みたいです~

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。