スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東京ゲームショウ 2010」 2日目!



東京ゲームショウ 2010一般公開の2日目を振り返ろうなコーナー!

昨日の疲れが残っている状態でさらに土曜以上に人が多くてかなり大変でした(体感で)(´・ω・`)


入場後すぐにSCEブースに張り付いて3タイトルを試遊

『モーターストーム 3』試遊

基本システムは従来のモーターストームだな~という感じですが
地震によって崩壊した都市が舞台になりどんどん変化するコースを走るのは凄く面白い
難易度は高い方でゲームになれない人はかなり苦戦するかもしれない
なんと初プレイで4位に! 自分の前に人が15位くらいだったのでちょっと優越感に浸る (*´ェ`*)
まぁ~モーターストーム自体はやったことあったんですけどねっw
どんどんコースが変わるので2度と同じレースは出来ないんだとか!


『SOCOM 4』試遊

1回の試遊は15分とされているのでかなり長く試遊できるタイトルと思われます。
基本普通のTPSという感じで安定した面白さだが
SOCOMはチームコンバットだけあって仲間に指示することが出来る。
これにより仲間に先行させたり追従させアシストさせたりとチーム連携が大事
うまい人なら頑張れば一人でも行けるがなかなかに厳しいと思うので
優秀なチームの仲間と連携することにより比較的楽になるようだ。
チームとして仲間にうまく指示を出していけるかがポイントとなりそう
敵がいる場所ではカバーしつつ進まなければ蜂の巣にされてしまうのでカバーが大事


『トリニティジルオールゼロ』試遊

試遊するまで気づかなかったのですがグラフィックが特徴的で水彩画風のグラフィックでした!
前作と変わりアクションRPGになったことで戦闘が無双に近い形になっている。
それぞれ戦闘タイプの異なる3人のキャラには□△○ボタンにそれぞれ違った攻撃が割り振られており
□△○に割り振られた攻撃はアクションパレットの切り替えが可能になっているので
1キャラにつき攻撃方法は6種類。魔法や物理攻撃さまざまな攻撃法が用意されていた

属性や地形を利用しリアルタイムでキャラを変えていくことで戦闘が有利かつ楽になっていくようだ
地形を利用するというのは例えば地面の水を魔法で凍らせて敵を凍らせたり
フィールドにあるオブジェクトを破壊し、破壊したオブジェクトを持ち広範囲に攻撃ができたりと
このデモでは2種類を確認したがそのほかにも用意されているかもしれない

地味だった攻撃エフェクトがこのTGSデモでは派手になっていて改善されていたように感じる
敵を攻撃することで増えるゲージを使用したL1+R1で3人で連携し周りの敵を一掃できる必殺技
タイミングよくキャラを変えていくことで連携攻撃が出来たり、緊急回避の搭載など
思っていた以上にアクション部分がよくできていて楽しめた感じ




11:20頃
ここらへんでセガブースに移動
『ファンタシースターポータブル 2 インフィニティ』のイベントを少し見て
本命である本作のプロデューサーである酒井智史氏のサイン会が開始された!
頑張って並ぶもあと自分まで4、5人くらいのところで色紙がなくなるという自体に・・・
名詞を貰い握手をしてもらって終了となってしまったのだ!
嬉しかったけどサインがほしかった~・・・もっと色紙用意しといてっ!w 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。



サイン会で結構並んでもう昼も過ぎていた時間、既にどこの試遊も規制されていて大変な状態
おなかが減ったので飲食エリアへやっぱりカレーばっかりだったのでカツカレーを食べる。



ふらふらして1日目で撮り逃がした配布物を集めつつ各ブースのいい感じのところを撮る
もちろん各ブースのコンパニオンさんをまた撮るっ!一部をご紹介。

↓たぶんTGS中で一番頑張っていたであろう『龍が如く OF THE END』のゾンビのお方。
 本当に賞をあげたいぐらい気合の入ったゾンビをありがとう!
 
 TGS10_0924 (1)+1 TGS10_0924+1.jpg



15:30~
SCEブースで行われた3D立体視体験イベントに参加。3Dメガネを渡される
超大型スクリーンにて3D立体視対応が決定しているタイトルのPVが流されたもちろん3Dで!
『絶体絶命都市 4』 『肉弾』 『KILLZONE 3』 『グランツーリスモ 5』 
『モーターストーム 3』デモプレイ

TGS2010用に特別に3D立体視が用意された『みんなのゴルフ 5』のデモプレイ

TGS2010用に特別に用意された3D立体視に対応した参考資料であるプロモーションビデオが公開された
今後3D立体視の搭載はまだ未定である3タイトル!

『初音ミク -Project DIVA- ドリーミーシアター』 セガ
『ファイナルファンタジー XIV』 スクウェア・アニックス
『METAL GEAR SOLID RISING』 コナミ

『肉弾』『絶体絶命都市 4』『ファイナルファンタジー XIV』は3Dにあんまり感じないというのが本音

そのほかのタイトルは奥行きが感じられ凄くよかったと思います
『グランツーリスモ 5』『KILLZONE 3』『モーターストーム 3』『初音ミク』


驚愕したのはなんといっても『METAL GEAR SOLID RISING』。これぞ本当に3Dという感じ
これまでの3D立体視は奥行きが感じられるという感じだったが本当に飛び出して見える! 
雷電が敵を斬る大迫力と「斬奪」に思わず声が出そうになった程!
周りからも「スゲー」という声が聞こえたほど非常に興奮し思わずニヤニヤしてしまうほどの3D!
ぜひ本編でも3D立体視に対応してほしい


同じ3D立体視でもやり方によってかなり変わってしまうものなのだろうか?と感じる3D立体視体験
なんと使った3Dメガネをお土産にあげるといわれありがたく貰ってきました~

ここで一般公開2日目はほぼ終了。クタクタになり帰りました ε-(;ーωーA フゥ…

いや~ 昨年に続き本当に面白くて行ってよかった (o ̄∇ ̄o)b
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

相互リンク先の新着記事
最新記事
注目作
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
ブログ内検索フォーム
リンク集
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。